スポットニュース 11月23日更新

  • URLコピー

スポンサーリンク

マンダレイ、ミラージュ、平日休業

マンダレイベイとミラージュホテルは、コロナによる平日の客室需要の低迷を受け、11月30日から宿泊部門の平日の営業を停止し(カジノは平日も営業)、週末のみの営業に切り替えると発表した。具体的には月曜日の正午から木曜日の正午までが閉館となる。この平日休業は、とりあえず年内までとしており、年明け後のことは未定。
(2020年11月23日)

スポンサーリンク

NYNY の Zumanity、打ち切り決定

ニューヨークニューヨークホテルで 2003年から続いてきたシルク・ドゥ・ソレイユのナイトショー Zumanity は、3月以降、新型コロナの影響で休演中となっていたが、今後も再開されることなく、このまま打ち切られることが決定した。
(2020年11月16日)

スポンサーリンク

ネバダ州知事がコロナ陽性

ネバダ州知事 Steve Sisolak 氏(民主党、66歳)は 11月13日、自身が定期的に受けている PCR検査において陽性反応が出たと発表した。なお、現時点では症状はまったく出ていないとのこと。
(2020年11月14日)

スポンサーリンク

リオ、12月22日に再オープン

シーザーズ社は、新型コロナ感染拡大を受け 3月18日から営業を停止しているリオホテルを 12月22日から営業再開すると発表した。
(2020年11月14日)

ハイパーループの実験線で有人走行

ラスべガス郊外の砂漠でバージンハイパーループ社が研究開発中の超高速交通システム、通称「ハイパーループ」の実験線において、有人による走行テストが先週から始まった。ただ、実験線の全長が約500メートルと短いため、目標としている時速600マイル(約1000km/h)での走行は不可能で、現時点での走行速度は時速100マイル程度(約160km/h)にとどまっている。10年以内の商用化をめざしているが、技術的な難題が多く実現を疑問視する声も少なくない。 ハイパーループに関しては、過去記事の こちらをクリック
(2020年11月12日)

スポンサーリンク

サーカスサーカス、バフェを完全閉鎖

サーカスサーカスホテルは、コロナ騒動が始まる前まで食べ放題形式で食事を提供してきた「Circus Buffet」を完全に閉鎖し、フードコートに改造すると発表した。フードコートの開業日は 12月31日としている。ラスベガスでは、不特定多数の人がトングなどにふれることから不衛生な環境になりやすいとのことで、多くのホテルがバフェの営業を見合わせている。
(2020年11月12日)

スポンサーリンク

Park MGM、宿泊部門は週末のみ営業

9月30日に再オープンしたばかりのカジノホテル Park MGM は、コロナによる平日の客室需要の低迷を受け、11月9日からホテル部門の平日の営業を停止し、週末のみの営業に切り替えると発表した。具体的には月曜日の正午から木曜日の正午までが閉館となる。なお、この閉館はあくまでもホテルの宿泊部門のみで、カジノは無休で営業を続ける。
(2020年11月4日)

スポンサーリンク

ベガスとLAを結ぶ高速鉄道、また延期

ラスベガスとロサンゼルス地区を結ぶ高速鉄道 Brightline West は、コロナなど市況の変化を理由に、24億ドル(約2500億円)の社債発行が遅れることから、資金調達に問題が生じてきているとし、建設計画を延期すると発表した。
(2020年11月3日)

アリア、コロナ対策違反で 1.2万ドルの罰金

ネバダ州の OSHA(労働環境などの安全や健康を管轄する役所)は、MGM系列のカジノホテル「アリア」に対して、州政府が定めたソーシャルディスタンスに関するルールを従業員が職場で守っていなかったとして、約12,000ドルの罰金を課すと発表した。アリア側は意義を申し立て、争う方針。
(2020年11月3日)

ニューイヤー花火大会は中止

ラスべガス観光局は10月29日、ストリップ大通りで毎年開催されてきた恒例のニューイヤー花火大会に関して、「密」による新型コロナの感染拡大が懸念されるとして、2021年は中止にすると発表した。
(2020年10月30日)

Piff the Magic Dragon が公演再開

フラミンゴホテルのシアターで開催されていたコメディーマジックショー「Piff the Magic Dragon」は新型コロナの影響により 3月18日以降長らく休演となっていたが、10月30日から公演再開されることとなった。公演日時は、木、金、土、日の 7:30pm。チケット料金は 62~103ドル。
(2020年10月29日)

ダウンタウンに Circa がオープン

10月28日、ダウンタウン地区にカジノホテル Circa がオープンした。自称「世界最大のスポーツブック」が自慢。客室数は 777部屋。なお今回オープンしたのはカジノだけで、宿泊の受付は 12月末以降になる予定。
(2020年10月29日)

シーザーズで Absinthe が公演再開

シーザーズパレスの野外テントで開催されていたアダルト向けコメディーサーカスショー「Absinthe」は新型コロナの影響により約7ヶ月間閉鎖されていたが、10月29日から公演を再開。公演日時は月曜日と火曜日を除く毎日 7:00am と 9:30pm。チケット料金は公式サイトによると $149となっているが、実際には手数料などが加算され $155。
(2020年10月29日)

カジノは井上尚弥の圧勝を予想

10月27日、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥は、10月31日にラスべガスで予定されているジェイソン・モロニーとのタイトルマッチを控え、アメリカの「Yahoo! Sports」とのオンライン・インタビューに応じ、「スーパースターに近づくための試合なので、その意気込みでラスベガスまで来ました」と自信のほどを語った。この試合に対するラスベガスの各カジノにおける賭け率は、井上が 1.1倍から 1.2倍(刻々と変動)、モロニーが 6倍前後で、カジノ側は井上の圧勝を予想している。
(2020年10月29日)

スポンサーリンク

LINQ が宿泊施設も再オープン

カジノホテルの LINQ はここ数ヶ月、新型コロナの影響でカジノだけの営業にとどめていたが、本日9月10日から宿泊施設の営業も再開した。ただし平日の宿泊需要が少ないため、木曜日から日曜日だけの限定営業。
(2020年9月10日)

Park MGM、10月に再オープンか

MGM Resorts 社は9月9日、新型コロナの影響で3月から営業を停止しているカジノホテル Park MGM を、今後 30~45日以内に再オープンすると発表した。
(2020年9月10日)

■■ 2ヶ月以上前のニュース ■■

[ トロピカーナホテル、再開業日を延期 ]
新型コロナの影響で現在営業を停止中のトロピカーナホテルは、営業再開日を9月1日としていたが、需要が少ないことを理由に 9月17日に変更。ちなみに公式サイトによると、9月17日以降のしばらくの期間の平日の宿泊料金は $39 となっている。ただしリゾートフィー $37 が加算されるるので、税金込みで $86。
(2020年8月25日)

[ ゴールデンナイツ、4勝1敗で準決勝へ ]
北米プロアイスホッケー・リーグ NHL の「べガス・ゴールデンナイツ」は、8月から始まったプレーオフシリーズの準々決勝(7試合制)において、シカゴ・ブラックホークスを4勝1敗で下し、準決勝進出を決めた。
(2020年8月19日)

[ Mirage、8月27日に再オープン ]
MGM系列のカジノホテルである Mirage の営業再開日が 8月27日に決まった。これにより、在ラスベガスの同社系列のホテルで営業再開が決まっていないのは Park MGM と、その館内に同居している NoMad だけとなる。
(2020年8月14日)

[ Wynn の Le Reve、打ち切り決定 ]
Wynn ホテルで 2005年から続いてきたロングランのナイトショー Le Reve は、3月以降、新型コロナの影響で休演中となっていたが、今後も再開されることなく、このまま打ち切られることが決定した。
(2020年8月14日)

[ ゴールデンナイツ、準々決勝で2連勝 ]
北米プロアイスホッケー・リーグ NHL の「べガス・ゴールデンナイツ」は、8月から始まったプレーオフシリーズの準々決勝(シカゴ・ブラックホークスとの7試合制)において2連勝。準決勝進出まであと2勝となった。
(2020年8月14日)

[ Palms、年内の営業再開は断念か ]
新型コロナの感染拡大を受け、3月から閉鎖されていた各カジノホテルは6月以降、続々と再オープンしており、すでにほとんどの主要カジノホテルが営業を再開しているが、そんな中で数少ない未開業のホテルとして注目されているのが Palms。同ホテルの関係筋から得た情報によると、Palms の年内の営業再開の可能性はかなり低いとのこと。
(2020年8月14日)

[ ゴールデンナイツ、3連勝で第1シード確定 ]
北米プロアイスホッケー・リーグ NHL の「べガス・ゴールデンナイツ」は、8月から始まったプレーオフシリーズの総当たり戦において3連勝でスタート。これにより、このあとに始まるトーナメント戦での第1シードのポジション確保が確定した。
(2020年8月9日)

[ レバノンの大爆発でペプコン大爆発が注目 ]
8月4日にレバノンのベイルートで発生した大爆発事故(事件の可能性も)を受け、核爆発を除いた人類史上最大の爆発かどうかで、歴史学者などから、ラスベガスの「ペプコン大爆発」が 32年の歳月を経て改めて注目されている。ちなみに今回のレバノンの大爆発は 2750トンの硝酸アンモニウムが原因とされている一方、ペプコン大爆発はスペースシャトル用のロケット燃料 4000トンが原因。
なおペプコン大爆発に関しては本誌 1110号でも 爆発映像(4回目の爆発が最大)付きで紹介している。
(2020年8月5日)

[ 今年の SEMA は中止 ]
8月5日、「CES」に次ぐラスべガス最大級のコンベンション「SEMA Show」の主催者は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11月3日から予定されていた今年度の開催を見送ると発表した。
この SEMA Show は、自動車のアフターマーケット業界のコンベンションとしては世界最大とされ、毎年16万人ほどが参加していた。
(自動車のアフターマーケット業界とは、自動車部品、タイヤ、塗装、改造車、修理、内装、カーオーディオ、車内アクセサリー、燃料、オイル、手入れ用品、中古車など、新車販売以外のすべての自動車関連業界のこと)
(2020年8月5日)

[ ゴールデンナイツ、プレーオフ初戦は勝利 ]
北米プロアイスホッケー・リーグ NHL は、新型コロナウイルスの影響で 3月以降中断していたレギュラーシーズンを打ち切ることとし、8月1日からカナダのトロントとエドモントンでプレーオフ戦を再開。 上位チームとしてプレーオフに残ったべガス・ゴールデンナイツは 8月4日のダラス・スターズとの初戦を 5-3 の勝利で飾った。
(2020年8月4日)

[ 延期されていた EDC、今年は中止 ]
毎年恒例の巨大ミュージックフェスティバル Electric Daisy Carnival(EDC)の主催者は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ラスベガス・モータースピードウェーで 5月15日から3日間の予定で開催されることになっていた同イベントを、10月に延期するとしていたが、8月2日、今年の開催は中止にすると発表した。
(2020年8月4日)

[ ミラージュを爆破解体、メッツの野球場を建設? ]
カジノ関連のゴシップなどに強い某メディアが報じた話題として、大リーグ野球のニューヨーク・メッツをラスベガスに誘致するという噂が流れている。
それによると、カジノ業界の重鎮であると同時に世界有数の大富豪でもある Sheldon Adelson 氏(フォーブス誌が発表した 2019年の富豪番付によると、総資産約370億ドルで世界第24位)は、ミラージュホテルを買い取ったあとそれを爆破解体し、そこにスタジアムを建設してニューヨーク・メッツをラスベガスに誘致するという構想をねっているとのこと。
ちなみに Adelson 氏は 1995年、世界最大級のハイテク業界のコンベンションだった COMDEX(毎年秋にラスベガスで開催)を、日本のソフトバンク社に約8億ドルで売却。その資金などを元に、ベネチアンホテルやパラッツォホテルを建設し、現在両ホテルを運営する Las Vegas Sands社の CEO となっているばかりか、同社を通じてマカオやシンガポールにも複数のカジノホテルを所有。
ミラージュは、ストリップ大通りを挟んでベネチアンやパラッツォの向かい側にあることから、立地条件的にもこの噂の信ぴょう性が高まっているような部分もあるが、ラスべガス大全が Las Vegas Sands社の関係者から得た話によると、Adelson 氏は年齢的にも(来月87歳)、健康状態的にも(現在健康状態は決して芳しくない様子)、そのような計画を検討していないはず、としている。
なお COMDEX は 911同時多発テロ後の不況やソフトバンク社の戦略ミスなどにより、2003年の開催を最後に消滅。
(2020年7月20日)

[ William Hill が Caesars系列のスポーツブックも ]
このたびネバダ州のカジノを管轄する Nevada Gaming Control Board は、カジノ経営大手の Eldorado Resorts 社による Caesars 社の買収を承認。さらに、スポーツブック大手の William Hill 社による、同業の CG Technology 社(かつての Cantor Gaming 社)の吸収合併、および William Hill 社が Caesars 社系列のカジノのスポーツブックを運営することも承認。それによって、William Hill 社はラスベガスにおけるスポーツブック業界で圧倒的な勢力を誇ることになり、競争の低下による配当倍率の悪化などが懸念されている。
ちなみに William Hill 社はこれまでラスベガスで運営してきた Cosmopolitan、Venetian、Palazzo、Tropicana、Palms、Silverton、Casino Royale、Sahara、Strat の各カジノホテルのスポーツブックに加え、さらに来月から Bally’s、Caesars Palace、Cromwell、Flamingo、Harrah’s、Linq、Paris、Planet Hollywood のスポーツブックも運営することになる。
(2020年7月20日)

[ トロピカーナ、9月1日に営業再開か ]
Penn National Gaming 社は、同社がラスベガスで運営するトロピカーナ・ホテル(所有は Gaming and Leisure Properties 社)を 9月1日に再オープンすると発表した。ただ、業界関係者からは、今後の需要の伸びが期待できず、営業再開には至らないのではないかとの声も聞かれる。ちなみに先週、パラッツォホテルは需要に合わせるため、平日の営業を停止すると発表した。
(2020年7月15日)

[ 1日あたりの新規感染者数が過去最多に ]
ネバダ州の保険当局は 7月14日、前日の同州における新型コロナウイルス新規感染者数が 1104人であったと発表した。この数字はコロナ騒動始まって以来の過去最多。検査数や検査方法に違いがあったり、曜日などの違いで集計の区切りが異なっていたりする可能性もあるため、1日単位で単純に比較すべきではないが、週単位での数値においても、直近1週間の数値は過去最多となっており、警戒が求められている。
(2020年7月14日)

[ Bally’s、7月23日に再オープン ]
ラスベガスで複数のカジノを運営するシーザズ社は、3月18日から閉館していた Bally’s ホテルを 7月23日の 10:00am に再開業させると発表した。
(2020年7月11日)

[ 飲食店の安全対策が不十分、組合側が提訴 ]
6月29日、飲食業界の組合 Culinary Local 226 が、ラスベガスのホテル内の複数のレストランにおいてコロナ感染者が出ているにも関わらず、安全対策や情報公開が不十分との理由で、複数のカジノホテルを提訴した。
(2020年6月30日)

[ シルク・ドゥ・ソレイユが破産 ]
6月29日、シルク・ドゥ・ソレイユがカナダの裁判所に破産を申請した。ただし、今後シルクのショーが二度と開催されないということを意味するものではなく、債務者と債権者との間で資本構成などの見直し協議が行われ合意に至れば公演の再開はあり得る。むしろ再開の可能性を左右する要因は、資本関係の立て直しよりも、新型コロナの成り行きにかかっているとする見方が支配的。
(2020年6月30日)

[ 1日あたりの新規感染者数、再び過去最多 ]
新型コロナウイルスの感染者が多くの州で増加傾向にあり、ネバダ州においても 6月18日の新規感染者が 410人と、1日当たりで過去最多を記録した。6月19日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は「世界は新たに危険な段階に突入している」と警告を発した。
(2020年6月19日)

[ NFL オールスターゲーム、ベガスで開催 ]
アメリカンフットボールのプロリーグ NFL は 6月16日、オールスターゲームと位置づけられている 2021年の「NFL Pro Bowl」の開催地をラスベガスのアレジアント・スタジアムにすると発表した。開催日は「Super Bowl」(優勝決定戦)の一週前の 同年1月31日。
(2020年6月16日)

[ 1日あたりの新規感染者数が過去最多に ]
ネバダ州の保険当局は 6月16日、前日の同州における新型コロナウイルス新規感染者数が 379人であったと発表した。この数字は、5月22日に記録したこれまでの最大値 295人を上回り、コロナ騒動始まって以来の過去最多となった。 なお、検査数や検査方法に違いがあったり、曜日などの違いで集計の区切りが異なっていたりする可能性もあるため、1日単位で単純に比較すべきではないが、週単位での数値においても、直近1週間の数値は過去最多となっており、警戒が求められている。
(2020年6月16日)

[ 新規感染者数が増加傾向に ]
ネバダ州の保険当局は 6月9日、前日の同州における新型コロナウイルス新規感染者数が 244人であったと発表した。4月中旬以降は 100人前後で推移してきたが、直近1週間はすべて100人を超えており、増加傾向にあると注意を促している。ちなみに6月1日からの数値は、142、101、159、176、194、189、137、244。
(2020年6月9日)

[ ルクソール、アリアなども再開業が決定 ]
MGM Resorts 社は 6月9日、新型コロナ感染拡大により現在弊社中の同社運営のカジノホテル、ルクソールを 6月25日午前10時に、アリアを 7月1日午前10時に、そしてマンダレイベイを 7月1日午前11時にオープンすると発表した。同じく同社運営のベラージオ、MGMグランド、ニューヨークニューヨークは 6月4日にオープン済みで、エクスカリバーも 6月11日にオープンすることがすでに決定している。 なお、マンダレイベイの上層階に入居しているフォーシーズンズホテル(マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏とサウジアラビアのアル・ワリード王子が筆頭オーナー)も 7月1日午前11時にオープンする予定。
(2020年6月9日)

[ サハラがリゾートフィーをチャージせず ]
6月4日に再オープンを予定しているサハラホテルは、1泊につき $37.95 のリゾートフィーを請求しないと発表した。ただし完全な廃止ではなく、6月30日までに予約することが条件。リゾートフィーに関しては こちらをクリックまたはタップ
(2020年6月4日)

[ 多くのカジノホテルが 6月4日から営業再開 ]
ストリップ地区、ダウンタウン地区の多くのカジノホテルが 6月4日から営業再開すると発表した。6月4日にオープンすることが確定していない主要ホテルは、ベラージオ、MGMグランド、ニューヨークニューヨーク、シグネチャー以外の MGM社系列のホテル、フラミンゴとシーザーズパレス以外の Caesars社系列のホテル、それに Sands 社のパラッツォとなっている。
(2020年5月29日)

[ ベラージオなど 6月4日から営業再開 ]
MGM Resorts 社は5月27日、同社がラスベガスで運営する多数のカジノホテルのうち、ベラージオ、MGMグランド、ニューヨークニューヨークを 6月4日から再オープンすると発表した。また、カジノは併設されていない宿泊施設 シグネチャーも同日から営業再開するとしている。
(2020年5月28日)

[ スポーツジムなども解禁 ]
ネバダ州知事のスティーブ・シソラック氏は5月26日、営業が禁止されていた業界に対する解禁「フェーズ2」として、5月29日からスポーツジム、フィットネスクラブ、ボディーアート、ボウリング場、プール施設、バー(ただし食べ物を提供しないことが条件)などの営業再開を認めると発表した。一般のレストランやヘアサロンなどはすでに3週間ほど前から「フェーズ1」として解禁されており、これで解禁時期が決まっていない業界は、ナイトクラブやアダルトエンターテインメント業界(いわゆるストリップクラブなど)だけとなった。
(2020年5月27日)

[ カジノ、6月4日から営業再開か ]
ネバダ州知事のスティーブ・シソラック氏は5月22日、州内のカジノの営業再開の解禁日を6月4日にしたい考えであることを明らかにした。あくまでも仮の解禁予定日であり、各カジノが6月4日に営業再開することを確約したわけではない。
(2020年5月24日)

[ 再開業はフラミンゴとシーザーズパレスから ]
ラスベガスで複数のカジノホテルを運営するシーザーズ社は 5月21日、現在閉鎖中の同社のカジノホテルを再開業する際、フラミンゴとシーザーズパレスからオープンすると発表した。競合他社と同様、駐車場も無料にする。
(2020年5月22日)

[ MGM系、コスモ、駐車場を無料に ]
MGM Resorts 社は、同社がラスベガスで運営するカジノホテルの駐車料金を無料にすると発表した。なお例外として、アリーナで大きなイベントなどが開催され需要が急増する場合は有料となる。またコスモポリタンホテルも同様の発表をした。
(2020年5月20日)

[ Roy Horn 氏の死を悼み半旗に ]
5月14日、ネバダ州知事 Steve Sisolak 氏は、先日死去した Roy Horn 氏の氏を悼み、5月18日の日の出から日没まで、ネバダ州内の公共施設に掲げられている国旗および州旗を半旗にするよう呼びかけた。Roy Horn 氏は、かつてラスベガスのショービジネス界で一斉を風靡したマジシャンのデュオ「Siegfried & Roy」の一人で、 2003年10月、公演中にトラに噛まれるというまさかのアクシデントで重傷を負った後、長らくラスベガスで療養を続けていたが、5月8日、新型コロナウイルスによる感染症で死去した。
(2020年5月17日)

[ グランドキャニオンがオープン ]
4月1日から閉鎖されていたグランドキャニオン国立公園サウスリムが 5月14日からオープンした。なお、売店、レストラン、ビジターセンター、ホテル、ハイキングトレイルなどは引き続き閉鎖中。
(2020年5月17日)

[ ダウンタウンのコンテナパークが再開 ]
月14日、ダウンタウン地区にある商業施設「コンテナパーク」が営業を再開した。ただし、名物となっているアトラクション「火を噴くカマキリ」は、「一般のショップ」というカテゴリーではなく「エンターテインメント施設」に相当することから、非常事態宣言解除の対象外ビジネスとなるため引き続き閉鎖中。
(2020年5月17日)

[ Roy Horn 氏が死去 ]
5月5日付けのこのコーナーで報じた Roy Horn 氏(75)が、5月8日、新型コロナウイルスによる感染症で、ラスベガス市内の病院にて死去した。75歳だった。
(2020年5月9日)

[ COSTCO もマスク着用 ]
倉庫型大型ストア COSTCO は、新型コロナ対策のための新たなルールなどを公式サイト内で発表した。5月4日から適用のその内容は、入店はメンバーカード1枚につき二人まで(ケンタッキーとプエルトリコは一人まで)、マスクの着用の義務、フードコートの閉鎖もしくは販売商品の削減、平日の午前9時から10時までの1時間の入店は 60歳以上か身障者のみ(マサチューセッツ、オレゴン、ニューヨークの一部など例外あり)。
(2020年5月5日)

[ 搭乗客はマスク着用 ]
アメリカン航空、サウスウェスト航空など米国の各航空会社は、5月11日からすべての搭乗客に対してマスクの着用を義務付けると発表した。マスクを持参していない搭乗客に対しては航空会社側が用意する。ちなみに、つい2ヶ月ほど前まで米国の各航空会社は、不特定多数の搭乗客と接することになり感染リスクが高いとされる地上スタッフや客室乗務員に対して、ドレスコードを理由にマスクの着用を禁止していた。
(2020年5月5日)

[ MGM社、営業再開は NYNY とベラージオから ]
ラスベガスで9つのカジノホテルを運営する MGM Resorts 社は、新型コロナ騒動を受け現在閉鎖中のカジノホテルの営業を再開する場合、ニューヨークニューヨークホテルとベラージオホテルから始めると発表した。理由は、ニューヨークニューヨークは客室規模が小さく(約2000部屋)、営業再開という未体験のオペレーションを始めるにあたってサイズ的に都合が良いのと、ベラージオ(約3900部屋)はラグジュアリー市場において周辺ホテルと競合するため、としている。
(2020年5月5日)

[ 5月からゴルフ解禁 ]
ラスベガス一帯のゴルフコースは、不要不急のアクティビティーということで 4月上旬から閉鎖されていたが、5月1日以降、解禁され、すでに多くのゴルフコースが営業を再開している。
(2020年5月5日)

[ Roy Horn 氏が新型コロナに感染 ]
複数の地元メディアが報じたところによると、かつてラスベガスのショービジネス界で一斉を風靡したマジシャンのデュオ「Siegfried & Roy」の Roy Horn 氏(75)が新型コロナウイルスに感染。容態などに関してはプライバシーの関係で明らかにされていない。Horn 氏は 2003年10月、公演中にトラに噛まれるというまさかのアクシデントで重傷を負い、ロングランを続けていた公演はその日をもって打ち切られた。現在ふたりともラスベガスに在住。
(2020年5月5日)

[ シーザーズ系列、営業再開は5月15日 ]
コロナウイルス感染拡大により現在営業停止中のシーザーズ系列の各カジノホテルは、これまで営業再開日を 5月1日としてきたが、5月15日に変更した。
(2020年4月28日)

[ MGM系列、営業再開は早くても5月21日以降 ]
MGM Resorts 社が運営する各カジノホテルはこれまで 5月1日の営業再開を目指し、5月1日以降の宿泊予約を受け付けてきたが、4月24日になって急きょ、5月21日までの予約をすべて取り消すと発表。これにより、現在営業停止中の同社が運営する各カジノホテルの営業再開は早くても 5月21日以降であることがほぼ決定的となった。
(2020年4月26日)

[ TI、営業再開は5月15日 ]
コロナウイルス感染拡大により現在営業停止中のカジノホテル、トレジャーアイランド(TI)は、これまで営業再開日を 5月1日としてきたが、5月15日に変更した。
(2020年4月26日)

[ ポーカーの WSOP、秋に延期 ]
優勝賞金が日本円換算で10億円近くになったりすることで知られる毎年恒例の世界最大のポーカートーナメント The World Series of Poker は、5月26日からリオコンベンションセンターで開催されることになっていたが、秋に延期されることが決まった。詳しい日程は未定。
(2020年4月22日)

[ Life is Beautiful、中止 ]
ラスベガスのダウンタウン地区で 9月18日から3日間の予定で開催されることになっていた毎年恒例 の音楽・芸術・文化のフェスティバル Life is Beautiful の 2020年の開催は中止となった。
(2020年4月22日)

[ ついにゴルフもダメ ]
屋外スポーツであることと、人と人が近寄ることが少ないということで、新型コロナ騒動においても営業が許されてきたネバダ州のゴルフコースだが、ついに4月9日から営業が禁止された。
(2020年4月9日)

[ ザイオン、デスバレーも閉鎖 ]
グランドキャニオンに続き、ラスベガスから比較的近い人気の大自然観光スポット、ザイオン国立公園およびデスバレー国立公園も閉鎖になった。広大な屋外空間である現場そのものが危険ということではなく、観光客が展望スポットなどに集まることによる感染拡大を懸念しての措置とのこと。したがって、現地周辺の道路は閉鎖されていないが、展望スポットへの進入路や駐車場が閉鎖された。
(2020年4月4日)

[ グランドキャニオンが閉鎖 ]
国立公園管理当局は 4月1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、グランドキャニオン国立公園をただちに閉鎖すると発表した。
(2020年4月2日)

[ EDC、10月に延期 ]
毎年恒例の巨大ミュージックフェスティバル Electric Daisy Carnival(EDC)の主催者は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ラスベガス・モータースピードウェーで 5月15日から3日間の予定で開催されることになっていた同イベントを、10月に延期すると発表した。10月の何日にするかは検討中とのこと。
(2020年4月2日)

[ ベガスの COSTCO でコロナ感染 ]
会員制の倉庫型ストアの COSTCO は 3月31日、ラスベガスの2店舗において(St.Rose Parkway 店 と Marks Street 店)、従業員が新型コロナウイルスに感染していたと公表。両店とも、現在は消毒を済ませ営業を再開している。
(2020年4月2日)

[ Trader Joe’s、感染が相次ぐ ]
日本人にも人気の食品スーパーマーケット Trader Joe’s は 3月中旬からニューヨーク周辺など東海岸地区を中心に、複数の店舗において従業員のコロナ感染が相次いでおり、一時的な休業を余儀なくされている。ただし食品の小売店は、地元住民に商品の供給をストップさせない使命を負っていることから、消毒作業の後、安全が確認され次第ただちに営業を再開するようにしており、多くの場合、休業期間は数日で済んでいる。同社は全米で約500店舗を展開しておりラスベガスには 5店あるが、現時点においてラスベガスでの感染は報告されていない。なお、現在閉店中の店舗は 同社の専用サイト で確認することが可能。
(2020年4月2日)

[ ホテルの営業再開は5月以降 ]
新型コロナ騒動により、3月18日から休業を余儀なくされているラスベガスのカジノホテルの多くは、その営業再開日を 4月17日前後としてきたが、このたびネバダ州当局が活動停止期間を延長することを決めたため、4月末までの開業は絶望的となった。
(2020年4月2日)

[ 大阪IR、開業は万博以降に ]
大阪IR(Integrated Resort: ホテル、コンベンション施設、ショッピングモール、カジノなどを含む統合型リゾート)の建設に名乗りを上げている MGM Resorts International 社は、新型コロナ騒動を理由に、当初計画していた大阪万博(2025年4月~10月)の時期に合わせた開業は困難であることを明らかにした。
(2020年4月2日)

[ AA、スタッフのマスク着用を認める ]
アメリカン・エアライン(AA)は、社内のドレスコード規定により、これまで従業員に対してマスクの着用を禁止してきたが、このたび着用を認めることにした。手袋の着用はすでに一週間ほど前から認められていた。なお、この規定の改正は、従業員側からの希望を受けてのものであるため、マスクは会社側からの支給ではなく自前で調達する必要がある。ちなみに米国CDC(米国疾病対策センター)は、マスクの効用を認めていない。
(2020年3月25日)

[ リゾートワールドの工事現場でも感染 ]
元スターダストホテルの跡地で建設が進められている大型カジノホテル「リゾートワールド」(Resorts World)の建設工事現場において、作業員が新型コロナウイルスに感染していることが発覚した。その者が担当していた工事セクションはただちに消毒され、4月1日まで閉鎖。
(2020年3月25日)

[ 公営バスの運転手が感染 ]
ラスベガス一帯で運行している公営RTDバスの運転手が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。運営側によると、バスの車内は毎日複数回、念入りに消毒しているとのこと。
(2020年3月25日)

[ LV空港、コロナ感染で管制塔が運用停止 ]
マッキャラン・ラスベガス国際空港の管制塔の職員が新型コロナウイルスに感染していることがわかり、管制塔の運用が一時停止中。航空便の運行に大きな影響が出ている模様。
(2020年3月19日)

[ シーザーズ系列もカジノ閉鎖 ]
シザーズ系列のカジノホテルが、3月17日の夕刻、カジノの営業を打ち切った。公式発表は遅れているようだが、本誌が現場で確認済み。
(2020年3月17日)

[ TIもカジノ閉鎖 ]
トレジャーアイランド(TI)が、3月17日の夕刻、カジノの営業を打ち切った。公式発表は遅れているようだが、本誌が現場で確認済み。
(2020年3月17日)

[ コスモポリタンも営業打ち切り ]
カジノホテルのコスモポリタンは、3月18日午後6時に全館の営業を打ち切ると発表した。営業再開は 4月1日を予定している。
(2020年3月17日)

[ Sands社も閉鎖を決定 ]
Sands 社は、同社がラスベガスで運営しているカジノホテル、ベネチアン、パラッツォ、そしてコンベンションセンターのサンズ・エクスポを 3月18日から 4月1日まで閉鎖すると発表した。
(2020年3月17日)

[ シーザーズ系列のホテルは営業を継続 ]
シーザーズ社は、同社がラスベガスで運営しているカジノホテルの、現時点における営業の打ち切りは考えていないとし、またパリスホテルのエッフェル塔も、リンクホテルの観覧車も営業を継続すると発表した。同社はラスベガスでシーザーズパレス、パリス、リンク、フラミンゴ、バリーズ、ハラーズ、クロムウェル、リオの各カジノホテルを運営している。
(2020年3月17日)

[ シーザーズ系列のホテル、バフェを中止 ]
シーザーズ社は、新型コロナの感染拡大の懸念から、同社が運営するホテル内のバフェの営業をしばらくの間、中止にすると発表した。
(2020年3月17日)

[ モニュメントバレーも閉鎖 ]
新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、モニュメントバレーが閉鎖された。
(2020年3月17日)

[ アンテロープキャニオンが閉鎖 ]
新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、アンテロープキャニオンが閉鎖された。
(2020年3月17日)

[ NFLドラフト、ベガス開催は正式に中止 ]
ラスベガス史上最大のイベントと称されてきた NFLドラフト2020(くわしくは こちら をクリック)は 4月23日から開催される予定だったが、中止となることが決まった。NFL側が公式に発表した。このあと日を改めて開催する場合、ニューヨークを会場とするとしており、2020年のラスベガスでの開催は完全に消滅。2021年はクリーブランドでの開催が決まっているため、2022年にラスベガスで開催される可能性は残されている。2023年はカンザスシティーの予定。
(2020年3月17日)

[ NFLドラフトも延期に ]
ラスベガス史上最大のイベントと称されてきた NFLドラフト2020(くわしくは こちら をクリック) は 4月23日から開催される予定だったが、新型コロナ騒動を受け、延期されることになった。NFL側からの公式発表はまだないが、関係筋が明らかにした。
(2020年3月16日)

[ MGM系列も閉館 ]
MGM Resorts 社は、同社がラスベガスで運営しているカジノホテル、ベラージオ、MGMグランド、マンダレイベイ、アリア、ルクソール、ミラージュ、エクスカリバー、ニューヨークニューヨーク、パークMGM、ヴィダラ(カジノなし)を 3月17日に閉館すると発表した。
(2020年3月15日)

[ Wynn、ホテル自体を閉館 ]
カジノホテルの Wynn Las Vegas と、その別館である Encore は、3月17日の午後6時をもって、全館を閉館すると発表した。閉館の期間は2週間を予定している。
(2020年3月15日)

[ シルク・ドゥ・ソレイユも見合わせ ]
シルク・ドゥ・ソレイユは、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、 3月15日以降のすべてのショーの公演を見合わせると発表した。
(2020年3月14日)

[ 他州では、カジノも営業停止 ]
新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、シカゴなどがあるイリノイ州と、ボストンなどがあるマサチューセッツ州の当局は、それぞれの州内にあるカジノに対して営業を停止するよう命じた。イリノイ州には10ヶ所、マサチューセッツ州には3ヶ所のカジノがあり、どちらの州にもラスベガスに拠点を置くカジノ企業が進出している。営業停止はイリノイ州が3月16日から、マサチューセッツ州が3月15日からで、現時点における停止期間は2週間を予定。
(2020年3月14日)

[ MGM、クラブの営業を見合わせ ]
ラスベガスで複数のカジノホテルを運営している MGMリゾーツ社は、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念から、ナイトクラブの営業を無期限で見合わせると発表した。また、スパ、サロン、フィットネスセンターの営業も 3月16日から停止する。
(2020年3月13日)

[ Wynn、体温38度以上は入館拒否 ]
カジノホテルの Wynn は、館内に通じる各エントランスに、遠隔測定が可能な体温計を設置し、入館者の体温を測定すると発表した。体温が華氏100.4度(摂氏38.0度)以上の者に対しては入館拒否の権利を有するとしている。ちなみに当ホテルはすでにクラブの XS、Beach Club、ナイトショーのLE RÊVE など、多くの人が集まる施設の運営停止を決めている。
(2020年3月13日)

[ マスターズも延期、スポーツブックは開店休業 ]
新型コロナ騒動を受け、4月9日から予定されていたゴルフのメジャートーナメント「マスターズ」が無期延期に。ラスベガスの各カジノホテルにあるスポーツブックは、賭けの対象となるスポーツのほぼすべてが開催中止もしくは延期になったことにより、払い戻し以外の業務がほとんどなくなってしまった。今後ボクシングや競馬のイベントの主催者からも中止・延期の発表があるものと思われる。
(2020年3月13日)

[ 大型見本市 ASD も中止に ]
ありとあらゆる分野の家庭消費財を扱う雑貨業界の大型見本市 ASD の主催者は、3月22日から予定されていた同イベントの開催を中止にすると発表した。
(2020年3月13日)

[ 大リーグ野球、開幕を延期 ]
大リーグ野球 MLB は今シーズンの開幕を、最低でも2週間、遅らせると発表した。また、月内に予定されていたオープン戦の中止も決定した。
(2020年3月12日)

[ プロアイスホッケーNHL、開催見合わせ ]
プロアイスホッケーNHL は、シーズン途中ではあるものの、新型コロナウイルス騒動を理由に、今後予定されていた試合の開催を見合わせると発表した。このままシーズン終了となってしまう可能性が高まってきている。
(2020年3月12日)

[ NCAA 大学バスケ、中止 ]
NCAA(全米大学体育協会)は、現在開催中の通称「マーチマッドネス」(大学バスケのトーナメント)を、新型コロナウイルス騒動を理由に打ち切ると発表した。
(2020年3月12日)

[ ランプ大統領、ラスベガス訪問を中止 ]
トランプ大統領は 3月12日にラスベガスを訪問し共和党の会合に出席する予定だったが、新型コロナウイルスを理由に、訪問を取りやめることになった。
(2020年3月11日)

[ NHLアイスホッケーも打ち切りか ]
3月11日、プロアイスホッケーリーグのNHLは、プロバスケのNBA が、選手の新型コロナ感染を理由に試合の開催を見合わせる決定を下したことを受け、今シーズンの試合の運営に関して至急検討し、3月12日にまでに結論を出すと発表した。ちなみにラスベガスを本拠地とする NHLのチーム「ベガス・ゴールデンナイツ」は、11試合を残している現時点で西地区1位。
(2020年3月11日)

[ NBAプロバスケ、シーズン途中で打ち切りか ]
3月11日、プロバスケットボールリーグのNBAは、ユタ・ジャズの選手が新型コロナウイルスに感染していることが判明したため、シーズン途中ではあるが、今後予定されているすべての試合を見合わせると発表した。短期間の延期で終わらずに、このままシーズン終了となってしまう可能性が高まっている。
(2020年3月11日)

[ ベガスで開催中の大学バスケ、無観客試合 ]
3月11日、NCAA(全米大学体育協会)は、ラスベガスで開催中の西地区(Pac-12)のバスケットボール・トーナメントの残りの試合を、無観客で開催する方向で検討していることを明らかにした。
(2020年3月11日)

[ 巨大コンベンション NAB、開催中止に ]
3月11日、放送業界の世界最大のコンベンション NAB の主催者である The National Association of Broadcasters は、4月19日からの開催を予定していた同コンベンションを中止にすると発表した。
(2020年3月11日)

[ MGM系列のホテル、バフェを中止 ]
MGMリゾーツ社は、新型コロナの感染拡大の懸念から、同社が運営するホテルにおけるバフェの営業を 3月15日からしばらくの間、中止にすると発表した。不特定多数の者がトングに触れることからバフェは衛生上の問題があるとされてきた。
(2020年3月11日)

[ COSTCO、Sam’s Club、Target で販売制限 ]
大型ストアの COSTCO、Sam’s Club、Target では、買い占め対策として、「一人、2つまで」などとする販売制限を開始した。対象品目は、水、ハンドサニタイザー、トイレットペーパー、ペーパータオル、洗剤、手袋、紙おむつなどだが、それら対象品目や数量などは各店舗によって異なる。
(2020年3月11日)

[ トランプ大統領がベガスを訪問 ]
トランプ大統領が 3月12日の木曜日の夜、ラスベガスに到着する。 共和党のユダヤ人関連の会合でのスピーチなど、選挙に関するにイベントに出席するためで、新型コロナ騒動とは関係ない。ベネチアンホテルなどに姿を現す予定だが、治安上の理由から詳しい行動予定は未発表。交通規制による渋滞などに注意。
(2020年3月11日)

[ ホイットニー・ヒューストンが再デビュー!? ]
今は亡きホイットニー・ヒューストンが、4月14日から、月曜日を除く毎晩午後7時、ラスベガスのフラミンゴホテルのシアターで、ホログラムなど最新のハイテク技術を駆使した映像コンサートとして再デビューする。
(2020年3月4日)

[ 3月8日から夏時間、遅刻に注意 ]
3月8日の日曜日から夏時間が始まる。それまでの時刻を表示していた時計は、1時間早める必要がある。ラスベガスのカジノ内には時計がないのが普通で、客室内の時計も正しくセットされているとは限らない。飛行機の離陸時刻、ナイトショーの公演開始時刻、レストランの予約時刻、オプショナルツアーの集合時刻など、遅刻には要注意。なお、スマートフォンに表示される時刻は自動的に夏時間に修正される。
(2020年3月3日)

[ ゴールデンナイツ、9連勝ならず ]
地元ラスベガスを本拠地とする NHL プロアイスホッケーチーム、ベガス・ゴールデンナイツは、3月1日のホームゲームでロサンゼルス・キングスに 1-4 で破れ、連勝記録が8でストップ。ゴールデンナイツの今シーズンの試合日程や成績は こちら をタップまたはクリック。
(2020年3月1日)

[ ゴールデンナイツが8連勝! ]
地元ラスベガスを本拠地とする NHL プロアイスホッケーチーム、ベガス・ゴールデンナイツが、2月28日のホームゲームでバッファロー・セイバーズを 4-2 で下し、これまでのチーム連勝記録に並ぶ8連勝で、西地区1位をキープ。
(2020年2月28日)

[ トランプ大統領、ベガスでのASEAN会議を延期 ]
トランプ大統領は2月28日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に対して、自ら提案していたラスベガスでの特別首脳会議の開催(3月14日)を、新型コロナウイルス騒動を理由に、延期したい意向を明らかにした。
(2020年2月28日)

[ スターウォーズのアトラクション施設 ]
ラスベガスのホテル街にある大型ショッピングモール「ファッションショー」内に、スターウォーズをテーマにしたアトラクション施設がまもなくオープンする。詳しい日程はまだ発表されていないが、3月中にはオープンする予定。入場料は29ドル、11歳以下の子供は15ドル、これに消費税 8.375% が加算される。
(2020年2月28日)

[ シーザーズ社、リゾートフィーを値上げ ]
シーザーズ社は、同社がラスベガスで運営する複数のホテルのうちの4つのホテル、LINQ、Harrah’s、Flamingo、Bally’s のリゾートフィーを、3月から2ドル値上げすると発表した。今までの料金は 35ドル、新料金は 37ドル。これにはホテル税(約13%)も加算されるため、最終的な新リゾートフィーは 41.95ドルになる。リゾートフィーの意味や内容に関しては こちら をタップまたはクリック。
(2020年2月28日)

[ シルクドソレイユの R.U.N、早くも終演 ]
昨年の秋にルクソールホテルで始まったばかりのシルクドソレイユの R.U.N の公演が、2020年3月8日で打ち切られることが決まった。R.U.N の鑑賞レポートは こちら をタップまたはクリック。
(2020年2月27日)

スポンサーリンク

関連カテゴリー
  • URLコピー

コメントをお寄せください!

ご意見、ご感想、記事内情報の誤りの訂正など、以下のコメント欄にお寄せいただければ幸いです。なお、ご質問は [フォーラム] のほうが返事をもらえる可能性が高いです。

※ メールアドレスが公開されることはありません。
※ 以下に表示されているひらがな4文字は、悪質な全自動プログラムによる大量の書き込みなどを防ぐためのアクセス・コードです。全角ひらがなで入力してください。
※ 送信いただいたコメントが実際の画面に表示されるまで15分程度の時間を要することがございます。

CAPTCHA