ミスターVEGASのラスベガス大全

ラスベガス観光ガイド週間Webマガジン

All About Las Vegas

- Since 1997 -

プラネットハリウッド

かつては「アラジン」と呼ばれていた大型テーマカジノホテル。客室数は約2500
(上の写真内の手前左はベラージオホテルの噴水ショー、左上の青い球形のものはパリスホテルのバルーン)

立地条件がよく、ショッピングモールも併設されているなど、滞在中の総合的な利便性は非常に高く、日本人観光客の利用も多い。

なお、冬期の利用者にとってはどうでもいいことではあるが、プール施設だけは、このホテルの規模のわりにはかなり貧弱

それ以外では特に大きな欠点もなく、泊まって後悔するようなホテルではない。
シーザーズ社の系列。

寸評

 上記の通り、モール併設など構造的にも立地的にも利便性が高いので、万人向きのホテルといってよいのではないか。
 同じような立地条件にある近隣のベラージオ、バリーズ、シーザーズパレスなどと比べると、前庭がほとんどないので、客室から街へ出る際の移動距離が圧倒的に短いのも、このホテルの大いなる特徴だ。

 そういった部分において同じようなメリットを持つ(前庭が狭い)近隣のホテルは、フラミンゴ、コスモポリタン、クロムウェル、パリス、といったところになるが、フラミンゴはやや老朽化が目立ち、コスモポリタンは宿泊費が高すぎ、クロムウェルは規模が小さすぎ、結局このプラネットハリウッドと同クラスの予算で宿泊ホテルを検討する場合、パリスが比較の対象として残る。
 どちらのホテルにすべきかは好みの問題になるが、おしゃれなイメージを優先したい場合はエッフェル塔や凱旋門が美しいパリス、利便性を優先するなら館内にショッピングモールがあるプラネットハリウッドと考えればよいのではないか。

 なお、建物自体、アラジンホテルとして建設されたため、灼熱のアラビアン文化がテーマだったということもあり、窓が小さめのデザイン(この写真からもわかるとおり、窓の横幅が短い)になっている。光が室内にたくさん入り込まないことになるが、滞在中、それ自体が特に気になったり不便に感じたりするようなことはないはずだ。

【取材中 or 編集中】
 このホテルのさらなる詳しい情報は、取材中あるいは編集中ですので、今しばらくお待ちください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントをお寄せください!

ご意見、ご感想、記事内情報の誤りの訂正など、以下のコメント欄にお寄せいただければ幸いです。なお、ご質問は [フォーラム] のほうが返事をもらえる可能性が高いです。

※ メールアドレスが公開されることはありません。
※ 以下に表示されているひらがな4文字は、悪質な全自動プログラムによる大量の書き込みなどを防ぐためのアクセス・コードです。全角ひらがなで入力してください。

CAPTCHA


ページの先頭へ戻る