シーザーズパレス

1980年代末から始まった巨大テーマホテルの建設ラッシュの前までは、自他ともに認めるラスベガスナンバーワンの最高級ホテルとしてストリップ地区の中央に君臨。

その圧倒的なブランドは今でも健在ではあるが、ベラージオ、ベネチアンといった高級テーマホテルの台頭とともに、その存在感は次第に薄れつつあるように見受けられる。

なお歴史が長いため、これまでに何度も新たなホテル棟が追加建設されてきた関係で、現在シーザーズパレス全体は6棟で構成

その中の1棟(写真内の2番。ちなみにこれら番号は建築順)は、カリスマシェフとして世界的に名高い NOBU こと松久信幸氏が監修したテーマホテル「NOBU HOTEL」として運営されており、その入口の脇には高級和食店「NOBU」がある。NOBU HOTEL も含めた総客室数は約3900
もちろんシーザーズ系列のホテルであることはいうまでもない。

寸評

 今でも最高級グレードに位置づけられていることに異論はないと思われるが、新しさや話題性といった部分でベラージオ、ベネチアン、コスモポリタンなどに対して見劣り感が出てきていることは否めず、伝統、格式、ブランドといった部分を重視する者以外の一般的な旅行者にとっては、やや興奮や感動に欠けるホテルかもしれない。

 初めてベガスを訪れる人たちにも、そういったマイナス要因が感じ取られているからか、それとも観光ガイドブックやネットでの露出度が低下してきているのか、実際にこのホテルに宿泊する日本人観光客は非常に少ないのが現実。

 それでもロケーションのよさや格式の高さ、そしてラスベガス屈指の人気を誇るショッピングモール「フォーラムショップス」が隣接したりしているので、リピーターやシッピング族には落ち着いてすごせる快適なホテルといえるかもしれない。
(上の写真は、フォーラムショップス内で上演されている無料アトラクション「アトランティス」)

【取材中 or 編集中】
 このホテルのさらなる詳しい情報は、取材中あるいは編集中ですので、今しばらくお待ちください。

コメントをお寄せください!

ご意見、ご感想、記事内情報の誤りの訂正など、以下のコメント欄にお寄せいただければ幸いです。なお、ご質問は [フォーラム] のほうが返事をもらえる可能性が高いです。

※ メールアドレスが公開されることはありません。
※ 以下に表示されているひらがな4文字は、悪質な全自動プログラムによる大量の書き込みなどを防ぐためのアクセス・コードです。全角ひらがなで入力してください。

CAPTCHA


ページの先頭へ戻る