大統領選後のトランプタワー、ギフトショップに変化あり

TRUMP INTERNATIONAL の正面玄関

TRUMP INTERNATIONAL の正面玄関

  • URLコピー

 トランプ前大統領が不動産王、ホテル王などと呼ばれたりしていたことはだれもが知るところ。実際に世界各地にホテル、コンドミニアム、豪邸、ゴルフコースなどさまざまな不動産を所有しており、ラスベガスも例外ではない。
 目抜き通りからやや奥まった場所ではあるものの、地元で「トランプタワー」と称されている超高層のホテル&コンドミニアムの「TRUMP INTERNATIONAL」が北ストリップ地区のホテル街にさん然と輝くようにそびえ立っている。
 大統領選挙に敗北した今、そこはどうなっているのか。たまたま足を運ぶ機会があったので写真を中心にレポートしてみたい。なお、今回は宿泊はしていないので、客室など内部の様子に関しては調べていない。

金ピカがトレードマークのトランプタワー。右奥は建設中のリゾートワールド。

金ピカがトレードマークのトランプタワー。右奥は建設中のリゾートワールド。

 外観が成金趣味と揶揄されがちな「金ピカ」の超高層ビル。ラスベガスで屈指の高さを誇っているだけでなく、その外観からもひときわは目立っているばかりか、最上部に自身の名前を大きく入れているところが、なんともトランプ氏らしい。

ストリップ大通りを南から北に向かって見たところ。大通りが途中から右に曲がっているため中央に見えるが、実際にはストリップに面しているわけではない。

ストリップ大通りを南から北に向かって見たところ。大通りが途中から右に曲がっているため中央に見えるが、実際にはストリップに面しているわけではない。

 もともとはコンドミニアム、つまり日本でいうところの分譲マンションとして建設されたものだが、リーマンショックの不動産不況のあおりを受け、計画通りに分譲できなかったことから今ではコンドミニアム、タイムシェア、ホテルなど、複合的に利用されている。

玄関ドアなどもすべて金ピカ。

玄関ドアなどもすべて金ピカ。

 約1年ぶりに金ピカの玄関の前を通り過ぎて内部に入ってみると、ロビーの雰囲気などは特に以前と大きく変わった様子は見られなかった。人影が少ないのがやや気になったが、これはコロナ禍の今、どこのホテルでも同じこと。

玄関を入ってすぐのロビー。左奥がフロントデスク。

玄関を入ってすぐのロビー。左奥がフロントデスク。

 ロビーのとなりに店を構えるレストラン「DJT」も今まで通りで変化は見られない。ちなみにこのレストランの名前は自身のミドルネームも含めた Donald John Trump のイニシャルというから、いかにも彼らしいネーミングだ。ちなみにこの店、開業直後の 2008年と 2009年にはミシュランの星を獲得している。

DJT の入口。メニューとマスク着用の注意書き。大統領時代はマスク否定論者だったが...。

DJT の入口。メニューとマスク着用の注意書き。大統領時代はマスク否定論者だったが…。

 「今までと特に大きな変化は見られなかった」で終わってしまったのでは記事にならないので、あえて大きく変わっている部分を紹介しておくと、それは1階のロビー脇にあるギフトショップ
 昨年までは MAKE AMERICA GREAT AGAIN といった政治的スローガンを掲げたグッズが所狭しと並べられていたが、今はそのようなものは一切ない。

これは昨年までのギフトショップで販売されていた商品。

これは昨年までのギフトショップで販売されていた商品。

 店員に「スローガン入りのグッズはないのか」とたずねてみたところ、「もう政治的なメッセージを含んだ商品は置いていません」とのこと。
 この変化をトランプ支持者は残念に思い、バイデン支持者は喜ぶのかどうかは知らないが、とにかく選挙前と後でショップ内の商品が大きく変化していたことだけは事実なので、それを写真でお伝えして今週の記事を終わりとしたい。

スポンサーリンク

関連カテゴリー
  • URLコピー

コメントをお寄せください!

ご意見、ご感想、記事内情報の誤りの訂正など、以下のコメント欄にお寄せいただければ幸いです。なお、ご質問は [フォーラム] のほうが返事をもらえる可能性が高いです。

※ メールアドレスが公開されることはありません。
※ 以下に表示されているひらがな4文字は、悪質な全自動プログラムによる大量の書き込みなどを防ぐためのアクセス・コードです。全角ひらがなで入力してください。
※ 送信いただいたコメントが実際の画面に表示されるまで15分程度の時間を要することがございます。

CAPTCHA