写真で見る「ラスベガス最後の日」

板を貼り付け入口の回転ドアを封鎖する BELLAGIO ホテルのスタッフ。(このページ内に掲載されている写真は、すべて 3月17日の午後に撮影されたものです)

板を貼り付け入口の回転ドアを封鎖する BELLAGIO ホテルのスタッフ。(このページ内に掲載されている写真は、すべて 3月17日の午後に撮影されたものです)

  • URLコピー

 本日 3月17日“緑の日” こと、セントパトリックスデー。アイルランドの祭事で、街中がテーマカラーの緑一色に染まる日だ。
 ここラスベガスでもアイリッシュ・パブなどを中心に、緑の服装をした人たちが集まり夜遅くまでワイワイ盛り上がる。いや、盛り上がるハズだった。
(例年のラスベガスにおけるこの日の様子を知りたい場合は こちら をクリックまたはタップ)

セントパトリックスデーにちなんで緑色になったウェルカム・サインだが、今年は例年になく人がまばら。

セントパトリックスデーにちなんで緑色になったウェルカム・サイン。今年は例年になく人がまばら。

 そんな楽しい日が、まさかの「ラスベガス最後の日」になってしまった。
 新型コロナウイルス騒動により、ほぼすべてのカジノホテルが本日もしくは明日を最後に営業を打ち切ることになったのである。

 いつかは復活するはずなので「最後の日」という表現は適切ではないかもしれないが、20年以上に渡り、この街を日本に宣伝しようとしてきた立場の者としては、まさに「この世の終わり」ともいえる衝撃で、もはや驚きや悲しみを言葉ではあらわすことはできない。

巨大広告塔で、「健康と安全が何よりも重要」との理由を掲げ、閉鎖を告知する PARK MGM ホテル。

巨大広告塔に「健康と安全が何よりも重要」との理由を掲げ、閉鎖を告知する PARK MGM ホテル。

 ここ一週間、当サイト内の スポットニュース で、日々悪い方向へ変わりゆくこの街の悲愴な様子を伝えてきたが、昨日までは、すべてのカジノホテルが閉鎖するというほどのひどい状況ではなかった。
 ところがたった一日で事態は一転。「閉鎖はしない」と頑張ってきたホテルも力尽きてしまった。

再会を歓迎したい旨を伝える ARIA ホテルの広告塔

「再会を歓迎したい」との旨を伝える ARIA ホテルの広告塔

 、そして WHO(世界保健機関)や CDC(疾病対策センター)などから、人が集まる業態のビジネスは即刻中止にすべきとの勧告が出たこともあり、やむを得ないといってしまえばそれまでだが、膨大な数の失業者のことを考えると本当に気の毒であると同時に末恐ろしい。
 収入が途絶え、食べることすら困難になる者が続出した場合(というか、続出まちがいなし)、暴動などが発生する恐れもあり、とにかく一刻も早く事態が終息することを願うばかりだ。

繁華街のド真ん中ともいえる交差点で、静まり返ってしまった街の様子を撮影するテレビ局。

繁華街のド真ん中ともいえる交差点で、静まり返ってしまった街の様子を撮影するテレビ局。

 ちなみに各カジノホテル側は、その閉鎖期間を「2週間」もしくは「3月末まで」などとしているところが多いが、当局側からの勧告が「最低でも2週間は自粛すべき」から「4週間」に変わり、さらに「8週間は営業禁止」、「非常事態宣言」などとなってきているため、ラスベガスに再び活気が戻ってくるようになるのは、早くても5月中旬以降と思われる。

VENETIAN ホテルの前の歩道橋から見たストリップ大通り。いつもより交通量がかなり少ない。

VENETIAN ホテルの前の歩道橋から見たストリップ大通り。いつもより交通量がかなり少ない。

 なにせ相手は目に見えないウイルス。この街の復活がいつになるかの議論や予想は困難を極めるので意味がない。
 復活がいつになるにせよ、たとえ1日でも1週間でも、この街からカジノ、ナイトショー、クラブ、コンベンションが消える日など、だれが想像できただろうか。
 しかしそんな前代未聞の事態が現実のものとなってしまった。もちろん夜が明けない夜はないし、出口のないトンネルもない。悲観しすぎることもないだろうが、とりあえずこの事態に直面したばかりの今は残念すぎ、何をどのように書けばよいのかわからないので、現時点の様子を写真でお伝えすることとして、今週の記事を終わりとしたい。(写真 45枚、以下に続く)

MIRAGE HOTEL

MIRAGE HOTEL

 正面玄関前の車寄せ。明かりが消され、真っ暗であることが見て取れる。

MIRAGE HOTEL

MIRAGE HOTEL

 その正面玄関はすでに閉鎖されており、入館することはできない。ガラスが明るく見えるのは背景が反射しているためで、実際の館内は真っ暗。

MIRAGE HOTEL

MIRAGE HOTEL

 玄関前に置かれた、閉鎖を告げるメッセージ。再開の予定などに関してはウェブサイトを見るように、とのことだが、ちなみにこのホテルは MGM Resorts 社が運営。

WYNN LAS VEGAS

WYNN LAS VEGAS

 カジノ内にあるスポーツブック。ゴルフのマスターズ・トーナメントの優勝者を当てる賭けなどのチケットの払い戻しに関するルールなどを質問しようと現場に行ってみたものの、すでに完全に閉鎖されており、スタッフは不在。(ちなみにマスターズ・トーナメントは無期延期に)

PARIS HOTEL

PARIS HOTEL

 ストリップ大通りに面した Paris ホテル。この歩道に面した人気のフレンチレストラン Mon Ami Gabi のテラス席はいつも賑わっていることで知られるが、今日ばかりは閑古鳥。歩道を歩く人もまばら。

PARIS HOTEL

PARIS HOTEL

 カジノはすでに営業を打ち切っており、プレーすることはできない。

PARIS HOTEL

PARIS HOTEL

 Paris ホテル内のレストラン街。いつもはたくさんの人が往来しているのが普通だが、もはや人影はほとんどない。大部分の店はすでに営業を打ち切っている。

CROMWELL HOTEL

CROMWELL HOTEL

 Cromwell ホテル内のカジノ。すでに営業は終了しているため、スロットマシンの画面には何も表示されていない。カジノ内に散見される人物は客ではなくスタッフ。 

FLAMINGO HOTEL

FLAMINGO HOTEL

 FLAMINGO ホテル内のカジノ。こちらもすでに営業を打ち切っているが、ごくわずかだけ一般客の出入りも見られた。 

FLAMINGO HOTEL

FLAMINGO HOTEL

 食べ放題のバフェ。こちらもすでにクローズ。もはや館内で食事をできる場所はほとんどない。翌日にはすべての店が閉店になる予定。

LINQ PROMENADE

LINQ PROMENADE

 LINQ ホテルに隣接するプロムナード内で営業中のメキシカンレストラン。客はほとんどゼロ。セントパトリックスデーにちなんだ緑のTシャツなどの販売がむなしい。

LINQ PROMENADE

LINQ PROMENADE

 人がまばらなプロムナード。これだけ人が少ないと、せっかくの緑の衣装もむなしい。奥に見えるのは世界一の巨大観覧車「High Roller」。

HARRAH'S HOTEL

HARRAH’S HOTEL

 休演が確定しているナイトショー「TAPE FACE」の宣伝を掲示する広告塔。

HARRAH'S HOTEL

HARRAH’S HOTEL

 カジノチップの片付け作業中のブラックジャックテーブル。立っているのは、盗難に遭わないように見守る警備スタッフ。

HARRAH'S HOTEL

HARRAH’S HOTEL

 昨日までの喧騒がウソのような誰もいない静まり返ったカジノフロア。

VENETIAN HOTEL

VENETIAN HOTEL

 コスメの大型ショップ SEPHORA もすでに閉店。

VENETIAN HOTEL

VENETIAN HOTEL

 緑の衣装をまとい VENETIAN ホテルの前庭を歩く人たち。どことなく寂しげ。

VENETIAN HOTEL

VENETIAN HOTEL

 数日前からカジノ内に掲示されていた新型コロナ感染予防のためのメッセージ。プレーヤー同士が接近しずぎないよう、ブラックジャックやルーレットのテーブルでは最大3人までに制限しているとのこと。しかしこのメッセージも、カジノの閉鎖が決まった今となっては意味がない。

VENETIAN HOTEL

VENETIAN HOTEL

 だれもいないスポーツブック。賭けの対象となるスポーツ自体が開催されていないため、だれもいないことは仕方がないが、人影のない空間にスポーツ映像を流し続けられると、なぜか寂しさが倍増。

TREASURE ISLAND HOTEL

TREASURE ISLAND HOTEL

 片付け作業をしているカジノディーラーもどことなく寂しげ。

TREASURE ISLAND HOTEL

TREASURE ISLAND HOTEL

 ここのホテルにおいては、ブラックジャックテーブルのカジノチップは、トレイごと取り外して片付けているようだ。

TREASURE ISLAND HOTEL

TREASURE ISLAND HOTEL

 ほとんどだれもいない正面玄関前に並ぶタクシーの列。明日からドライバーたちの仕事はどうなるのか。他人事ながら気になってしまう。

MIRAGE HOTEL 前

MIRAGE HOTEL 前

 ナイトショーのディスカウントチケットを販売するブース。開催しているショーが存在しないので閉店も当然か。

FORUM SHOPS

FORUM SHOPS

 人気の大型ショッピングモール FORUM SHOPS。入口に貼られたメッセージを見て、閉鎖と思い込み、入場をあきらめた緑の帽子の観光客。が、しかし、実は閉鎖を告げるメッセージではなく、営業時間短縮の案内だった。したがって、この日はまだ入場可能。

FORUM SHOPS

FORUM SHOPS

 モール内に入ることは可能だったが、オープンしている店はまばらで、人影もほとんど無し。

FORUM SHOPS

FORUM SHOPS

 人工の空の色はときどき変わることになっているはずだが、客がいないからか、変わる気配はなかった。

FORUM SHOPS

FORUM SHOPS

 モール自体は本日までオープンしていることになっていたものの、ルイ・ヴィトンは商品をすべて片付けてしまっていた。

FORUM SHOPS

FORUM SHOPS

 GUCCI も同様、店内に商品を見ることはできない。

FORUM SHOPS

FORUM SHOPS

 ロブスター料理で有名な  PALMS。閉店しているように見えるが、なんと営業中だった。画面左奥にかすかに見えるバーテンダーの前で1組のカップルが食事をしていた。

CAESARS PALACE

CAESARS PALACE

 フードコート内のほとんどの店は営業を打ち切っていた。手前に見える4人、右奥に小さく見える2人は食事をしているわけではない。

CAESARS PALACE

CAESARS PALACE

 スロットマシンの画面には、小さく「OUT OF SERVICE」の文字が。

CAESARS PALACE

CAESARS PALACE

 人気カリスマシェフの店 Gordon Ramsay Pub & Grill もクローズ。

CAESARS PALACE

CAESARS PALACE

 昨日までは「我々は営業を続ける」と強気の発言をしていたカジノであったが、あえなく閉館。写真内に見える人物は客ではなくすべてカジノのスタッフ。

BELLAGIO HOTEL

BELLAGIO HOTEL

 BELLAGIO ホテルの北側にある歩道橋直結の入口。すでに閉鎖されており、館内に入ることはできない。

BELLAGIO HOTEL

BELLAGIO HOTEL

 噴水ショーの会場となっている池の前の歩道。いつもなら多くの人で賑わっているが、今日ばかりは人影もまばら。もちろん噴水ショーはおこなわれていない。

BELLAGIO HOTEL

BELLAGIO HOTEL

 日没後の写真ではあるが、すでに宿泊者がいないため、客室の窓はすべて真っ暗。

BELLAGIO HOTEL の前

BELLAGIO HOTEL 前

 ベガスで結婚式を挙げたと思われるの新婚カップルとカメラマン。良き思い出となるべき日が、こんなことに。気の毒すぎ、ベガス在住者としては申しわけない気持ちを禁じえない。

COSMOPOLITAN HOTEL

COSMOPOLITAN HOTEL

 カジノはすでに営業終了。派手な館内装飾がむなしさを増幅している感じ。

CRYSTALS

CRYSTALS

 高級ブランド店ばかりが軒を並べるリッチなショッピングモール「CRYSTALS」の南側の出入口。清掃スタッフがドアを拭いていたが、明日から閉館。

CRYSTALS

CRYSTALS

 すでに人影はなし。立派な装飾アートの存在がむなしさを倍増。

CRYSTALS

CRYSTALS

 モール自体はまだオープンしていたものの、FENDI の店内には何もない。

ARIA HOTEL

ARIA HOTEL

 ストリップ大通りから ARIA ホテルへの進入路。本来なら混雑する夕刻の時間帯だが、人も車両も見当たらない。

MGM GRAND HOTEL

MGM GRAND HOTEL

 MGM GRAND の巨大広告塔。「再会を歓迎する」と書かれたメッセージが何とも寂しい。

PARK MGM HOTEL

PARK MGM HOTEL

 イタリアをテーマにした飲食街 EATALY はすでに閉鎖されており、進入不可。

3月17日の夕刻のストリップ大通り

3月17日の夕刻のストリップ大通り

 世界に冠たる目抜き通り「THE STRIP」。こんな光景、だれが想像できただろうか。

 閲覧お疲れさまでした。写真は以上です。いつかはこの騒動が終息し、また活気あるベガスがすぐに戻ってくることを信じて終わりとしますが、読者の皆様からも、これまでのラスベガスでの楽しい思い出や、今後へ向けた期待や訪問計画など、以下のコメント欄、もしくはフォーラムに、ご意見ご感想を投稿していただければ幸いです。

スポンサーリンク

関連カテゴリー
関連タグ
  • URLコピー

コメント(34件)

  1. うめこ より:

    こんにちは。
    いつも「ラスベガス大全」さんにはお世話になっております。
    今回のこのような状況は、本当に残念で信じられない気持ちです。
    ゴールデンウィークに旅行予定でしたが、秋に延期しました。
    その時に状況がどうなっているかわかりませんが、希望を込めて、必ず以前の圧倒されるほどのスケールの大きさ、華やかさ、非日常を味わえるラスベガスに戻ってくれると信じ、次回の旅行を自分への活力にしたいと思います。
    こらからも様々な角度からのラスベガス情報を楽しみにしています!
    フォーラムでの皆さんの情報もとても参考になりいつも楽しみにしています!

  2. Bab より:

    はじめまして
    32年前はじめラスベガスを訪れてから この7〜8年毎年楽しみに訪れていました。
    年末には家族での旅行最後に 楽しい時を 過ごし ゴールデンウィークに再び行けるとこを 楽しみに 仕事に家事に頑張って 来ました。
    その度に ラスベガス大全様にお世話になり 現在の状況を拝見して 心が痛みます。
    世界中の人が 平穏な日々を1日でも早く取り戻せることが 出来る様に 心から願います。
    これからも 投稿お願いいたします。皆さま 体に気をつけて 頑張りましょう!

  3. ノブノブオ より:

    いつも大変お世話になっています。
    毎週更新を楽しみにしております。
    まさかこんなことになる日が来てしまうとは想像もしていませんでした。

    1998年私が10歳のころ、親にラスベガスにつれていってもらったその時から、子供ながら(子供だったからこそかもしれませんが、)街の華やかさやその雰囲気に強く強く心惹かれ、いつか自分でまたここに来たいと強く思い続けてました。
    そして2010年、念願叶ってベガスを再び訪れ、改めてその魅力の虜になりました。
    その時からラスベガス大全さんは旅のバイブルで、ホテルやレストラン等の情報はもちろん、現地での作法や流行のカルチャー、最新インフォメーション等を調べたり、ヘッドラインニュースのバックナンバーももれなくチェックしました。
    2010年のストラトスフィア宿泊に続いて、2011年はパリス、2012年ベラージオ、2013年パリス、2014年はアリア、そして間が空いて昨年2019年は新婚旅行でコスモポリタンへ宿泊しました。
    ド緊張だった初めてのカジノは、1時間もすれば慣れてきて、ディーラーもフレンドリーで、庶民的なストラトスフィアのフロアで朝まで過ごしました。途中勝ったり負けたりしながらも、結局最終日はすっからかんになり、帰る前の朝ご飯は友人三人と小銭をかきあつめて買ったハンバーガー1つでした。
    私のラスベガス旅行の定番は、着いた初日のモナミガビでのディナーでした。カクテルシュリンプ、ムール貝、オニオングラタンスープ、そしてメインを頂きます。テラス席から噴水ショーを見上げ、まるで花火のようなその音を間近で聞きながらワインを飲むと、「ああ、ラスベガスに帰ってきたんだな。今自分は世界一の場所でディナーをしているんだな。」と悦に浸ることができました。そしてまたここに来たいと強く感じるのです。
    バフェも回りました。カニを食べすぎて手がかゆくなったなあ。結局量はそこまで食べられないけど、日本では味わえないあの食のテーマパーク感がたまらないんですよね。最近の値上がりには驚きますが、料理のクオリティも上がったように感じます。
    ナイトクラブやストリップも欠かせない思い出です。いろいろ行きましたが、EDM全盛の2014年、ハッカサンで過ごした夜は一生の思い出です。最前列ではしゃいでいて、公式サイトのHPの写真で自分を発見したときは大興奮しました。

    書いても書いても書ききれないくらいたくさんの思い出があふれてきます。
    今回アップしてもらった本来の姿とは異なる街の写真の1枚1枚を見るごとに心が張り裂けそうになります。
    でも事実を知るうえで写真をアップしてくれた管理人様に感謝申し上げます。

    これからもまた素晴らしい思い出をこの地で作れるよう心から願っております。
    また管理人様にも引き続き当サイトの運営を続けていただければ幸いです。
    よろしくお願いします。

  4. KEI より:

    今日、普段利用してるホテルからしばらく閉鎖とのメールが来ました。半信半疑でしたが、まさかこの状況とは、、、驚きで言葉が出ません。ショップの店員さんや知人がいるのですが、彼ら達は今後どうするのでしょうか?ラスベガス情報は毎週欠かさずチェックさせてもらっています。今後もLASのアップデートの情報をお願いします。また、皆様コロナにお気おつけてください。1日も早く普段に戻れます様に。

  5. あいあい より:

    3月5日よりラスベガス に行く予定でしたが、泣く泣く断念。カジノホストには6月には再訪するよ!とメールをしましたが、たった2週間でこんなことになるとは本当に驚きました。今、ベガスはどんな感じなんだろう??と心配に思っていたところ、たくさんの画像で教えてくださりありがとうございました。
    見たこともないベガスの様相に悲しくなりましたが、1日も早く元の非日常を楽しめるベガスに戻ってくれるよう祈っています。

  6. うち より:

    ネバダ州、30日間外出禁止令なんて・・・

    • りのなび より:

      「りのなび」というリノ市および北ネバダ情報を提供しているものです。
      日本では、外出禁止令と翻訳しているところがあるようですが、正確には、不要不急(non-essential)の店舗の休業です。カジノ・バー・ナイトクラブ・ジム・レストラン等、それでも影響は大きいですが。
      いまのところ、命令に従わず営業していても摘発はできないようですので、通報しないようにとのことです。
      なお、レストランでもテイクアウトやドライブ・スルーはOKで、スーパーマーケットも開いています。
      ナショナルパークは、入場料が無料になりました。ナショナルパークは、ソーシャル・ディスタンシングが取れるのでOKだそうです。他の娯楽が無くなったから無料にするというのは、アメリカらしいですね。
      ラスベガスでは、新型コロナ対応でドライブスルーのストリップ小屋がオープンしたそうですが…

      • 進藤龍次 より:

        初めまして。
        Las Vegasの友達から画像が来ました。
        「corona virus free lap dances」
        darlings
        イケているちゃんね~の看板の手には、マスクとトイレットペーパー!
        さすがアメリカ。
        アイディアがはんぱないですね。
        でも、tipは、10分で$100!
        こちらもはんぱない!

      • りのなび より:

        ナショナルパーク、入園料無料になって混雑すると結局感染するということで、国立公園局のやり方に批判があるようです。結局いくつかのナショナルパークは閉園になっているようだから、無料にしても意味ないですね。
        > イケているちゃんね~の看板の手には、マスクとトイレットペーパー!
        内容に踏み込むのはアレですが、ハンドサニタイザー・レスリングだそうですね。悪ノリしてるような。

      • りのなび より:

        > いまのところ、命令に従わず営業していても摘発はできないようですので、通報しないようにとのことです。
        先ほどシソラック・ネバダ州知事が、不要不急(non-essential)のビジネスを今夜中にクローズするよう命令を出しました。各警察・保安官へ法執行の許可も出しました。キビシイですね。

      • りのなび より:

        新型コロナ対応でドライブスルーのストリップ小屋のオープンは、キャンセルになったんですね。州知事の命令には、営業を継続できる店舗も従業員のソーシャル・ディスタンシングが必要と書いてあったし、不要不急ビジネスの業種リストに明示してあったから、無理かとは思っていたけど。
        銃器店は、まだ営業しているのだろうか。

  7. しよーた より:

    いつもラスベガス大全の更新を楽しみにしていて、クーポンやら情報やらいつもお世話になっています。ちょっと衝撃です。私はもうかれこれ25年、毎年ラスベガス旅行を楽しみに仕事を頑張って自分へのご褒美にしていたのですが、言葉もありません。今年もMGM系列のホテルを予約しようとサイトを見たのですが、宿泊費が尋常ではないくらい安くなっていたので、コロナの影響かな?と、うっすら考えていたのですが、こんな事態になるなんて・・・9.11直後にも訪れましたが、日本人観光客はほぼいなかったものの、町全体は若干寂しい雰囲気(喪に服していた)はあったものの、町全体の灯が消えることはなかった。ラスベガスで知り合った在住の友人や家族、日本人のコーディネーターのことを考えると本当に心配になります。ラスベガス大全さんの落胆も計り知れないと思いますが、これからも身勝手なお願いと思いますが情報発信を継続していただきたく、節にお願い致します。

  8. 進藤龍次 より:

    この大全のニュースをFBにあったリゾカジの書き込みで知りました。
    急展開な事態に貴重な画像を多く撮ってレポートして頂きありがとうございます。
    Las Vegasは、好きで60回以上行っています。
    ワクワク感は、Las Vegasが一番だと思います!
    直近は、今年の2月にcosmopolitan。
    コロナの影響で、casinoで一番初めに一斉閉鎖をしたのは、MACAUでしょう。
    MACAUに比べてLas Vegasに悲壮感があるのは、
    ① 再開の日取りが、閉鎖の日に見えていない。
    MACAUの場合は、これくらいなら耐えられそうだと思える期間が提示されていた。
    まあ、休業手当もハコ側も出せそうな期間。
    Las Vegasが、5月中旬までとすると長すぎる。
    WynnとLVSは、従業員に給料を支払うが、
    MGMは、レイオフ。
    とLas Vegasの元hostから連絡あり。
    ② 銃。
    これが、物騒。
    MACAUに一丁もないとは思えないが、銃を買うのに行列が出来ているアメリカの映像は、
    物騒だ。

    これを期に、
    世界の流れにLas Vegasも従ったら良いのでは。
    その対応期間にあてる。
    世界の主流は、rollingである。
    Av bet x play時間 x バカラ係数 x 0.3。
    更にLVSならsqueezeにslow、middle、quickの係数が付く。
    つまり、Las Vegas方式は、不透明。
    改善の為の期間として活用願いたい。

    「やっぱり大好きLas Vegas!」
    と言い続けたい。

  9. sue より:

    アメリカのニュースを見ていてベガスはどうなっているのだろう?と心配していたので、沢山の写真からベガスの現況を教えて下さったラスベガス大全さんにお礼申し上げます。
    ここ10年位海外旅行といえばラスベガスで、大好きなベガスがこんな事になってしまうなんて。
    かなりショックでした。
    ベガスで生活している方々の多くがカジノホテルと関係していると思うと、その方々の生活も心配しています。
    なんとかこの状態を切り抜け、誰もがベガスの空港に降り立った時にワクワクさせてくれる、ネオンが華やかで沢山の観光客が訪れる賑やかなベガスに1日も早く戻れるように応援しています。

  10. みそしる より:

    いつもラスベガスの様々なニュースを発信していただきありがとうございます。
    この約30年、ベガス旅行を心の糧に、日々働いています。写真を見ていたら泣けてきました。
    いつもストライキだったNew Frontierの爆破、Rivieraの最後の晩に観たMagic Show、、、
    ラスベガスで淋しかった出来事は数々あれど、こんな感傷的な状況になってしまうなんて…。
    ラスベガスだけは閉鎖しないと思っていたのに残念です。
    1日も早い復活を心から願っています。

    元気な街になったら、またすぐに行きます!
    それまでラスベガス大全を見ながらしのぎたいと思います。
    引き続きの発信、どうぞよろしくお願いいたします!

塩大福 へ返信する コメントをキャンセル

ご意見、ご感想、記事内情報の誤りの訂正など、以下のコメント欄にお寄せいただければ幸いです。なお、ご質問は [フォーラム] のほうが返事をもらえる可能性が高いです。

※ メールアドレスが公開されることはありません。
※ 以下に表示されているひらがな4文字は、悪質な全自動プログラムによる大量の書き込みなどを防ぐためのアクセス・コードです。全角ひらがなで入力してください。
※ 送信いただいたコメントが実際の画面に表示されるまで15分程度の時間を要することがございます。

CAPTCHA