ノーカット動画で見る、静まり返ってしまったラスベガス

人気の写真撮影スポット「ようこそラスベガス」のサイン。通常はたくさんの人で賑わっているが、この写真の撮影時(3月24日 5pm)はだれもいなかった。右上に見える青い看板に注目。

人気の写真撮影スポット「ようこそラスベガス」のサイン。通常はたくさんの人で賑わっているが、この写真の撮影時(3月24日 5pm)はだれもいなかった。右上に見える青い看板に注目。

  • URLコピー

 先週のこのコーナーで、「活動しているラスベガスとしての最後の日」を写真でレポートしてみた。
 したがって、もはや今は活動停止中ということになり、実際に各カジノホテルは完全に閉館。人間にたとえるならば、この街は呼吸をしていない

 当然のことながら、取材するナイトショーもなければレストランもなく、ナイトクラブやショッピングモールも完全に閉まっている。
 そうなると、数ヶ月以内にラスベガスを訪れようとしている読者に向けて発信すべき記事ネタなどはほとんどなく、せいぜい「どこどこのホテルはいつ営業再開予定」といったたぐいのことぐらいしかないが、その再開予定日もまったくあてにならない。
 多くのカジノホテルは 4月17日前後の日に再開すると発表しているが、それを信じる者はほとんどいないだろう。全米で感染者が急増中の現状を考えると、あと 3週間で新型コロナ騒動が終息するとは思えないからだ。
(ちなみにラスベガスを含むネバダ州全体の感染者数は現時点で約300人程度。他の州と比べるとかなり少ないが、増加傾向にあることはまちがいない)

 そのようなわけで、これといった取材先も見当たらないので、今週も先週と似たような企画になってしまうが、静まり返ってしまった現在のラスベガスのホテル街の様子を動画で紹介してみたい。

 テレビのニュース映像などでは、しばしば意図的に交通量や人が多いところや、もしくは逆に少ないところなど、特徴的な部分を切り取る形で撮影したりする傾向にあるが、ここでは実態がそのまま忠実に伝わるよう、ダウンタウン地区からストリップ大通りの南端までの連続走行を、あえて編集など一切なしのノーカットのドライブレコーダー映像として掲載してみた。
 つまり以下の9本の動画は、約3分ごとにファイルが分割されているものの、すべて切れ目なしの連続した場面ということになる。

 結果的に交差点での信号待ちなど無駄な時間が多く含まれているが、そのへんの不便はあらかじめ了承願いたい。また超広角レンズによる撮影のため、かなり高速で走行しているように見えるかもしれないが、早送りは一切使用していない。
(撮影日時は 2020年3月24日の夕刻)

ドライブレコーダー映像1
ダウンタウンの電飾アーケード街を横切り、ダウンタウンのイースト地区を回ってストリップ大通りへ向かう。

ドライブレコーダー映像2
ダウンタウンのイースト地区からストリップ大通りへ出て南へ向かう。(信号の待ちの時間が長い)

ドライブレコーダー映像3
ダウンタウン地区からストラット(旧ストラトスフィア)ホテルの手前までの区間。

ドライブレコーダー映像4
ストラットホテルの前からサハラ通りとの交差点までの区間。

ドライブレコーダー映像5
サハラ通りとの交差点からウィン・ラスベガスの直前までの区間。

ドライブレコーダー映像6
ウィン・ラスベガスの前からフラミンゴ通りとの交差点までの区間。

ドライブレコーダー映像7
フラミンゴ通りとの交差点での信号待ちから MGMグランドホテルの手前までの区間。

ドライブレコーダー映像8
トロピカーナ通りとの交差点からマンダレイベイホテルを過ぎた先のラッセル通りまでの区間。

ドライブレコーダー映像9
ラッセル通りから「ようこそラスベガス」のサインまでの区間。

 最後に、メールや、先週の記事に対するコメント投稿などで「ダウンタウンの様子も知りたい」というリクエストがいくつかあったので、電飾アーケードの写真を以下に紹介して、今週の記事を終わりとしたい。

電飾アーケード街の東側半分。ネオンサインは点灯しているものの、人影はまったくない。

電飾アーケード街の東側半分。ネオンサインは点灯しているものの、人影はまったくない。

電飾アーケード街の西側半分。やはりこちらも人影はまったくない。(進入禁止なので当然ではあるが)

電飾アーケード街の西側半分。やはりこちらも人影はまったくない。(進入禁止なので当然ではあるが)

なお、先週号と同様、ご意見ご感想などを以下のコメント欄や フォーラム に投稿していただければ幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • URLコピー

コメント(10件)

  1. mike より:

    2000年に初めて訪問した時からラスベガス大全様にはお世話になってます。
    仕事も含め20回近く行っていると思いますが、この様な寂しい姿を見ると涙が出てきます。
    大全のスタッフの方々も大変だと思いますが、健康に過ごして頂き、再開の際には楽しい情報をタイムリーに発信してください!

  2. たかはし より:

    寂しい限りですね・・・・15年ほど毎年通ってますが、こんな静かで暗い街は初めて見ます。
    顔なじみになってるディーラーの皆さんの事も心配でなりません。
    はやくスロットマシンの音が響き渡り、歓喜で盛り上がる そして、華やかな街に戻って欲しいです。
    戻ったら、真っ先に行きますので・・・

  3. LASHND より:

    言葉を失ってしまいますね・・・GWに行く予定でしたが、日本入国が厳しいですし
    そもそものラスベガスがこの状況では、何も楽しめないでしょうね。
    もし可能でしたら、信号待ちの部分を編集して全て繋げたバージョンがあると
    twitter等で拡散しやすくてありがたいです。

  4. 進藤 龍次 より:

    一日も早く眠らないsin cityが、甦る事を祈念しております。
    ひとつ疑問があります。
    どなたかお詳しい方、教えて頂けると幸いです。
    街がこの状態で、タクシードライバーは、今、どうしているのでしょうか?
    たんまり失業保険に入っているから大丈夫とは思えません。
    Las Vegas以外にも近くの大都市は、どこも外出禁止のハズ。
    働く場所は、あるのでしょうか?

  5. マラト より:

    毎週欠かさず大全をチェックしています。
    皆の愛するラスベガスがこんな状態で寂しいことこの上ありませんが、
    こんな中でも水曜の更新をしてくれる大全さんに感謝です。

    ところで、もしこのような状態になってしまいお時間があればで結構ですが、
    ホテル紹介ページをもっと充実させて頂けませんでしょうか?
    リニューアルされて以降、旧ページからの追加や削除などいろいろあったと思いますが、
    ホテルページだけは絶対に旧ページの方が充実していたと思います。
    今は天下のシーザースでさえも更新途中ですので・・・
    既に行ったことあるホテルでもホテル紹介ページを見ていると楽しめますし、
    なんだかんだまだ行ったことのない郊外ホテルも、次の訪問時は行くぞ、
    という楽しみもこめて定期的に眺めたりします。
    情報が古いままでも注釈を入れて頂ければ結構ですので、是非ホテルページの充実をお願いします!

  6. Tomoko より:

    全部拝見しました。ラスベガスに通い詰めること30年余り、こんなベガスは見たことありません。コロナの威力に改めて恐怖を感じます。次回は5月末からのコンベンションでベガスへ行く予定ですが、それまでの復旧は厳しいですかね…。頑張れベガス!東京も色々ヤバいですが、世界一丸となってこの危機に立ち向かわなくては、ですね。

  7. Michael より:

    日本でマジックショーを生業として生活しております。
    3~4月は全てキャンセルの状態で収入は無くなりました。
    報道でシルクドソレイユの95%が解雇されたと知りました。
    エンターテイメントの聖地として、いつでも憧れの場所です。
    ベガス愛のある、聡明な方がこのような「死んだ街」の記事を伝えること心中をお察しします。
    感染していないのに、経済的に殺されることに恐怖を覚えておりますが、引き続き「憧れの場所」の現状をお伝えくださいませ。
    いつもありがとうございます。

  8. とりちゃん より:

    寂しいですね、ネオン等が点いているにもかかわらず無人、現実離れした感覚、もしくはSF映画の中にいるようです。

  9. 松浦 憲之 より:

    毎週楽しみに見ています。以前ツアーの件でお世話になりました。その節はありがとう御座いました。6回ラスベガスを訪れ、最後は今年の1月27日〜2月1日に帰国。2月1日から入国の制限が始まり成田は取材陣がいました。私が滞在中は中国にて団体旅行禁止になった後なのでそんなに混んでいませんでしたがそれなりに観光客はいました(去年10月に訪れた時に比べるとかなり少なくなっていました)。その状況からの現状は考えられません。LVがそんな状態になってるなんて。早く終息する事を祈ります。ホテルのタクシー配車の人、警備の人、パリスホテルのエッフェル塔の上にいる人、お友達のお仕事が心配です。また近況報告を勝手ながらお願い致します。

  10. Kaz より:

    ショックです。人がいない。現実の風景とは思えません。昨年末に行き、何度も訪れているのに初めてベガスで風邪を引き熱が出て一度もレストランで食事をする事もなく、ホテルで一度もお風呂に入らないまま日本に帰ったのは この悪夢の前兆であったのかもしれません。どうかまたベガスに訪れることができる世界になりますように。

コメントをお寄せください!

ご意見、ご感想、記事内情報の誤りの訂正など、以下のコメント欄にお寄せいただければ幸いです。なお、ご質問は [フォーラム] のほうが返事をもらえる可能性が高いです。

※ メールアドレスが公開されることはありません。
※ 以下に表示されているひらがな4文字は、悪質な全自動プログラムによる大量の書き込みなどを防ぐためのアクセス・コードです。全角ひらがなで入力してください。

CAPTCHA