ルーレット徹底解説

  • URLコピー

概要: まえがき

 やったことがない人は山ほどいても、ルーレットを知らない人はいないはず。知名度という意味においては他のいかなるカジノゲームにも勝さっているのが、このルーレット。またゲームの内容も単純明快なため、カジノ初心者がスロットマシンの次にやるのもこのルーレットで、実際にブラックジャックやクラップスなどと異なり、「悪手」(やったら損をするような悪い賭け方やプレー)というものが存在しないため、戦略などを知らずにプレーしても、ビギナーと熟練者との間で結果に(期待値に)差が生じないのもルーレットの特徴である。(厳密に言うならば、「5ヶ所に賭ける」という極めて例外的な「悪手」が存在しているが、ほとんどだれもそのような賭け方はしないで無視してかまわない)

 せっかくラスベガスにまでやって来て、「やったのはスロットマシンだけだった」というのはあまりにも残念なので、ここで基本的な知識をしっかり身につけ、ブラックジャック、クラップス、バカラと並ぶテーブルゲームの代表格の一つルーレットぐらいには挑戦してもらいたいものである。

↑目次へ戻る

ゲームの基本

 ルーレットは見ての通り、視覚的にも非常にわかりやすい。つまり、円盤に投げ込まれたボールがどの番号に入るかを当てるだけの極めて単純なゲームだ。

 ホイール(円盤)には、1番から 36番、それに 0番と 00番、合計 38ヶ所のポケットがある。(ポケットのことを「スロット」、「スポット」などと呼ぶ場合もあるが、とりあえずここでは最も一般的と思われる「ポケット」に統一。なお、プレーの現場でこれらの言葉が使われることはないので覚える必要はまったくない)

 なお、ヨーロッパのカジノや、ラスベガスのカジノでも高額プレーヤー用のセクションには 00番がない 37ポケットの台を見かけることがあり、また近年は後述する 0番、00番に加え 000番がある 39ポケットの台も散見されるようになったが、とりあえずここではラスベガスで最も一般的な 38ポケットの台という前提で話を進めることとする。

 各ポケットには、番号以外にも色が付けられており、1番から36番には赤もしくは黒、そして 0番と 00番には緑の色がそれぞれ割り当てられている。

 賭け方は、ボールが入るその番号そのものを単発で当てる単純な賭けから、偶数か奇数か、赤か黒かなど、さまざまなバリエーションが存在しており、当たる確率に応じて払戻金の倍率がそれぞれ決められている。

 賭け方のバリエーションはたくさん存在しているものの、ルーレットには、ブラックジャックのような基本知識や最善手を求める判断力などは必要とせず、またクラップスのような払戻金の倍率が不当に低い賭け方などもないため、戦略や戦術は存在しない。

 したがって、ルーレットで覚えるべきことは賭け方の種類とその払戻金の倍率だけということになるが、その払戻金の倍率も、カジノ側が正しく計算して払い戻してくれるので、必ずしも覚える必要はない。

 とにかくルーレットは知識や経験の大小によって不利になるような要素がない極めて公平なゲームと言える。ここで言う「公平」とは、初心者と熟練者の間で結果に差が生じにくいという意味だけでなく、どの賭け方をしてもすべて同じ期待値に配当倍率が設定されているという意味も含んでいる。これはクラップスと大きくちがう部分である。

↑目次へ戻る

スポンサーリンク

概要: ゲームの進行

 プレーへの参加方法を初心者にもわかりやすく説明するならば、あたり前のことではあるが、まずはカジノ内でルーレットテーブルを探す。そしてそこに空席があったら自由にすわってかまわない。もちろん許可を取る必要もなければ、会話の必要もないので、英語が苦手だからといって参加をためらうことはない。空席がなくても立ったままでのプレーも可能だ。

 

現金もしくはカジノチップ(CHIP)を、賭けたいところに置けば、それですべては終わりだ。すでに述べた通り、ブラックジャックのようにゲームの途中でプレーヤーの判断が要求されるようなことは一切ない。また有利になるような戦略も戦術も存在しない。とにかく賭金を置いたあとは人知の及ばぬボールにすべての運命を託すだけである。  ゲームへの参加方法も極めて簡単だ。賭金をテーブルに置くことが唯一の参加への意思表示であり、人垣をかき分け勝手に手を伸ばし突然テーブルに賭金を置いてもそれは立派なゲームへの参加となる。言い換えれば、いつでも好きなときに参加でき、いつでも好きなときにやめることができるということになる (他のゲームでも同じことだが)。    この賭金を置くタイミングも特にむずかしいルールがあるわけではない。投げ込まれたボールのスピードが次第に落ちてくるとディーラーcroupier or dealerが 「ノーモアベット」( No more bet:写真左) と言うので、それよりあとには賭けることができないだけで、それ以前であればいつ賭けてもかまわない (もちろん、前回分の精算が終わっていなければダメだが )。つまり 必ずしもディーラーがボールを投げ込む前に賭ける必要はないということである。    以上のように、ルーレットにおいては覚えるべきルールは特に何もない。ようするに賭金をテーブルに置くという動作さえできれば、どんな初心者でもすぐにゲームに参加できる。  さて余談になるが、ラスベガスのことをよく知らない者が、「ディーラーはねらった番号へ投げ込むことができるので絶対に負けるようになっている」 とか言ったりしているのをよく耳にする。しかし、それは全くの誤解だ。  少なくともラスベガスにおいては、ディーラーがボールを投げ込んだあとにも賭けることが許されているので、仮にねらった場所に投げ込むことができる腕のいいディーラーが存在していたとしても (実際にはそんなことは不可能だが)、それは客にとってなんら不利にも有利にもならないはずである。つまりディーラーの腕が恐いと信じて疑わない者は玉が投げ込まれたあとに賭ければいいだけのことであって、このような不安や疑惑の念を持つこと自体まったくのナンセンスということになる。

↑目次へ戻る

スポンサーリンク

賭け方: 赤か黒か

  赤の番号が出るか黒の番号が出るかに賭ける賭け (右の写真は、赤に賭けている状態)。勝った場合の払戻金は1ドルの賭金に対して1ドルが払い戻される。  0番および 00番はグリーンなので、これらの番号が出た場合は赤に賭けられた賭金も黒に賭けられた賭金も負けとなる。 【 NOTE: 】  アメリカ東海岸のカジノ都市 「アトランティックシティー」 では、イーブンベット (EVEN BET: 賭金に対する払戻金の倍率が 1倍の賭け方。つまり、赤か黒か、偶数か奇数か、のような賭け方) に賭けられた賭金に対してのみ、ボールが 0番または 00番に入った場合、「親の総取り」 ではなく、賭金の半額がプレーヤーに払い戻される、というルールが採用されている場合がある。  また、ラスベガスのモンテカルロホテルやストラトスフィアホテルでは、ヨーロッパスタイルのシングルゼロ方式 (00がない) の台もある (全部の台がシングルゼロ方式というわけではない)。 https://www.casinonewsdaily.com/roulette-guide/roulette-frets-pocket-pads-wheel-leveling/

↑目次へ戻る

賭け方: 偶数( EVEN )か奇数( ODD )か

  偶数か奇数かという賭け。(写真左は、ODD (奇数)に、写真右は EVEN (偶数)に賭けたところ。) 賭金はそれぞれ 「 EVEN 」 もしくは 「 ODD 」 と書かれた場所に置く。これも払戻金は1ドルの賭金に対して、1ドルが払い戻される。数学的には 0は偶数だという見方もあるが、0番および 00番が出た場合は偶数、奇数どちらに賭けていても負けとなる。   【 NOTE: 】  アメリカ東海岸のカジノ都市 「アトランティックシティー」 では、イーブンベット (EVEN BET: 賭金に対する払戻金の倍率が 1倍の賭け方。つまり、赤か黒か、偶数か奇数か、のような賭け方) に賭けられた賭金に対してのみ、ボールが 0番または 00番に入った場合、「親の総取り」 ではなく、賭金の半額がプレーヤーに払い戻される、というルールが採用されている場合がある。  また、ラスベガスのモンテカルロホテルやストラトスフィアホテルでは、ヨーロッパスタイルのシングルゼロ方式 (00がない) の台もある (全部の台がシングルゼロ方式というわけではない)。

↑目次へ戻る

賭け方: 前半 (LOW) か後半 (HIGH) か

  前半の番号 (1番から 18番まで。写真:左) か、後半の番号 (19番から 36番まで。写真:右) かという賭け。前半の番号に賭ける場合は 「1 TO 18」 と書かれている部分に賭金を置く。同様に後半の番号に賭ける場合は 「19 TO 36」 に置く。この賭け方も勝った場合の払戻金は、1ドルの賭金に対して1ドルが払い戻される。0番および 00番が出た場合はどちらに賭けていても負けとなる。 【 NOTE: 】  アメリカ東海岸のカジノ都市 「アトランティックシティー」 では、イーブンベット (EVEN BET: 賭金に対する払戻金の倍率が 1倍の賭け方。つまり、赤か黒か、偶数か奇数か、のような賭け方) に賭けられた賭金に対してのみ、ボールが 0番または 00番に入った場合、「親の総取り」 ではなく、賭金の半額がプレーヤーに払い戻される、というルールが採用されている場合がある。  また、ラスベガスのモンテカルロホテルやストラトスフィアホテルでは、ヨーロッパスタイルのシングルゼロ方式 (00がない) の台もある (全部の台がシングルゼロ方式というわけではない)。

↑目次へ戻る

スポンサーリンク

賭け方: 1st-12、2nd-12、3rd-12

  「最初の 12」 とは1番から 12番までのことで、「真ん中の 12」 とは 13番から 24番、同様に 「最後の 12」 は 25番から 36番までのことを意味する。これら 「12種類の番号」 への賭けは、それぞれ賭金を 「1st 12」、「2nd 12」、「3rd 12」 と書かれた場所に置くことになる (右の写真は、1番から 12番の 12個 (1st 12)に賭けている状態)。この賭けに勝った場合の払戻金は1ドルの賭金に対して2ドルが払い戻される。0番および 00番が出た場合はどこに賭けていても負けになる。

↑目次へ戻る

賭け方: 左のタテ列、中央のタテ列、右のタテ列

  テーブル上の番号スポットの一番下段に用意されている3ヶ所のワク (34,35,36番のすぐ下にあるワク) が、それぞれそのタテの列に含まれている番号に賭ける際の賭金を置く場所である (写真は、縦一列に並ぶ 12個の番号に賭けた状態)。つまり、左側のタテ1列に賭けた場合は、テーブル上の1番と 34番の間に書かれている番号が出れば勝ちということになる。勝った場合の払戻金は1ドルの賭金に対して2ドルが支払われる。

↑目次へ戻る

賭け方: 6個の番号に賭ける

  たとえば写真のチップのように賭金を置くと、19,20,21,22,23,24番の6つの番号に賭けたことになる。これらの6つの番号のうちのどれかが出れば勝ち。勝った場合の払戻金は1ドルに対して5ドルが支払われる。

↑目次へ戻る

賭け方: 4個の番号に賭ける

  たとえば写真のチップのように4つの番号が交差している部分に賭金を置くと、その4つの番号に賭けたことになる。したがって、この写真の場合は11,12,14,15番の4つの番号に賭けていることになる。勝った場合の払戻金は1ドルに対して8ドルが支払われる。

↑目次へ戻る

賭け方: 3個の番号に賭ける

  たとえば写真のチップのように賭金を置くと、その横に並んだ3つの番号に賭けたことになる。したがって、この写真の場合は 28,29,30番の3つの番号に賭けていることになる。勝った場合の払戻金は1ドルに対して 11ドルが支払われる。

↑目次へ戻る

賭け方: 2個の番号に賭ける

  たとえば、写真のチップのように2つの番号にまたがった位置に賭金を置くと、その2つの番号に賭けたことになる。したがって、この写真の場合は 20番と 23番に賭けていることになる。勝った場合の払戻金は1ドルに対して 17ドルが支払われる。もちろん 0番と 00番の間に賭けることもできる。

↑目次へ戻る

賭け方: 1個の番号に賭ける

  これは最も当たりにくい賭け方であると同時に最も払戻金の高い賭け方でもある。賭け方は、単独の番号の真上に賭金を置く (写真は、11番に単独でかけた状態)。もちろんグリーンの 0番および 00番も賭けの対象となる。当たった場合の払戻金は1ドルの賭金に対して 35ドルが支払われる。

↑目次へ戻る

その他: 配当倍率の簡単な覚え方

  払戻金の倍率を覚えていなくてもプレーはできるが、知っていた方がゲームがより楽しくなるだろう。払戻金の倍率を覚える方法は非常に簡単で、その賭け方に対する当たり番号がいくつ存在しているかさえわかればすぐに計算できる。  たとえば、4個の番号に賭けた場合は当たりとなる番号は当然4個存在するわけだが、「36」 をその 「4」 で割った答えの 「9」 が払戻金の倍率ということになる。  つまり1ドル賭けた場合は自分が賭けた1ドルも含めて9ドルが戻ってくるということになる。同様に赤に賭けた場合は、赤の当たり番号は 18個存在しているわけで、36を18で割った 「2」、つまり1ドル賭けていれば自分が出した賭金も含めて合計2ドル戻ってくるということである。  このように 「36」 を 「当たりとなる番号の個数」 で割れば、払戻金の倍率がすぐにわかるようになっている。 【 注意: 】 なおここでいう倍率とは、自分が出した賭金も含めての倍率であるため、前述の 「賭け方の種類」 における払戻金の表現方法と混同しないように。

↑目次へ戻る

その他: 色チップ (CHIP) の買い方

  1回か2回だけ勝負してすぐにそのルーレットテーブルから立ち去るような場合は、現金もしくはそのカジノで流通している 「金額の書かれた一般のカジノチップ」 で賭けてもよいが、そのテーブルにゆっくり座ってしばらく遊びたいという場合は、現金や 「金額の書かれた一般のチップ」 を 「そのルーレットテーブル専用の色チップ」 に交換してからプレーに参加するのがマナーだ。  この 「色チップ」 (通常は 「ルーレットチップ」 とか呼ばれたりしているが、ここではあえて理解しやすいように 「色チップ」 と呼ぶ) とは、Aさんが青、Bさんは黄色、Cさんはピンクというように、そこのテーブルにおいて特定のプレーヤーが独占的に使う同一色のチップのことである。  なぜそうするかというと、ブラックジャックなどと違いルーレットにおいては数人のプレーヤーが同じようなポイントに複数の賭金を置くため、誰が置いた賭金か判別不能になることを避けるためである。  この 「色チップ」 がブラックジャックやクラップスなどで使われる 「一般のチップ」 と大きく異なる点は、金額がチップそのものに明記されていないということである。その理由は、各プレーヤーが独自にその1枚の価値をその都度自由に決めることができた方が便利だからである。  たとえば予算 200ドルでそこのルーレットテーブルの席に着いた者がいたとすると、まず現金 200ドル (もしくは金額の書かれた一般のカジノチップ 200ドル分) をディーラーに渡して色チップを受け取るわけだが、その際1枚の価値を 10ドルと決めて合計 20枚の色チップを受け取ってもよいし、1枚1ドルとして 200枚受け取ってもよい。  つまり、1枚の価値はそのプレーヤー自身が、自分の予算や賭け方に応じて自由に決めればよいわけである。もちろんゲームを終了してその場所を離れる際は、最初に決めた価値に応じて一般のカジノチップに交換してもらうことは言うまでもない。  このように説明すると、「あとでその1枚当たりの金額がいくらだったか忘れられたりして混乱しないか」 と心配する向きもあるだろうが、それは大丈夫である。なぜなら両替時にディーラーは、「この色チップは現在1枚当たりいくらの価値でプレーされています」 ということを示すマーカー (もしくはその他の道具) で記録を残すからである。  最後に、もうひとつこの色チップで注意したい点は、当然のことながらそのルーレットテーブルを離れるとこの色チップの価値はゼロになってしまうということである。なぜなら色チップはそこのテーブルの外では1枚当たりの価値を判別しようがないからである。  したがって、そこのテーブルでのプレーを終了する際は、手持ちの色チップは1枚残らずすべてを一般のカジノチップ (額面の書かれたチップ) に再両替してもらわなければならない。  なおこの色チップは、通常 20枚単位で購入するのが普通となっており、5~6回だけ勝負して立ち去るような場合は、交換の手間を省くためにも現金や一般のカジノチップでプレーすればよいだろう。一般のカジノチップでもよほどバラバラにたくさん賭けない限りは他人の賭金とは区別できるものである。ましてや自分以外の他のプレーヤー全員が色チップでプレーしている場合、通常のカジノチップでも混同のしようがない。

↑目次へ戻る

その他: 注意事項

 ここまでに書けなかった注意事項やマナーなどを以下に列挙してみた。

【 すぐに手を出すな! 】
 あいうえお、かきくけこ、さしすせそ。あいうえお、かきくけこ、さしすせそ。あいうえお、かきくけこ、さしすせそ。あいうえお、かきくけこ、さしすせそ。あいうえお、かきくけこ、さしすせそ。あいうえお、かきくけこ、さしすせそ。

<お疲れ様でした。以上で ルーレット徹底解説 はこれで終わりです>

↑目次へ戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連カテゴリー
  • URLコピー

コメントをお寄せください!

ご意見、ご感想、記事内情報の誤りの訂正など、以下のコメント欄にお寄せいただければ幸いです。なお、ご質問は [フォーラム] のほうが返事をもらえる可能性が高いです。

※ メールアドレスが公開されることはありません。
※ 以下に表示されているひらがな4文字は、悪質な全自動プログラムによる大量の書き込みなどを防ぐためのアクセス・コードです。全角ひらがなで入力してください。

CAPTCHA