抗議デモの激化が心配されるが、主要カジノは 6月4日に再オープン

このたびの抗議デモによる事件現場にほど近いカジノホテル「サーカスサーカス」

このたびの抗議デモによる事件現場にほど近いカジノホテル「サーカスサーカス」

  • URLコピー

 新型コロナウイルスの感染拡大により 3月18日から閉鎖されていたラスベガスのカジノホテルの多くが、6月4日から営業再開の予定となっているなか、5月25日、ミネソタ州ミネアポリスで白人警官が黒人男性を拘束する際、過度な対応で窒息死させてしまうという事件が発生し、それをめぐり、人種差別や警察の暴力に対する抗議デモが全米で拡大している。

 多くのデモは平和的なものとされているが、一部では暴徒化した集団による放火、破壊、略奪なども見られ、ミネアポリスから直線距離で 2000km 以上も離れたここラスベガスでも 6月1日、デモ隊を制圧しようとした警官が銃撃を受け意識不明の重体になるという深刻な事態に発展。
 現場がホテル街(カジノホテル「サーカス・サーカス」の目の前)ということもあり、6月4日の営業再開が遅れるのではないかとの懸念もあるが、現時点においては延期などの話はまだ聞かれない。
 抗議デモの成り行きによっては突然の変更もあり得そうだが、予定通りオープンするとしているストリップ地区のカジノホテルを以下にまとめてみた。
 なお、これらは各カジノホテルの公式サイト内で公開されている情報に基づくもので、個別に電話取材などをしたわけではない。(時刻が記載されていない場合は 6月4日 0:01am オープン予定)

Bellagio(6月4日 10:00am)、New York-New York(6月4日 11:00am)、MGM Grand(6月4日 11:00am)、Excalibur(6月11、時刻未定)、以上 MGM 社系列。
Caesars Palace、Flamingo (Harrah’s は 6月5日 10:00am、LINQプロムナードと観覧車「High Roller」は 6月4日午前中にオープン予定)、以上 Caesars 社系列。
Venetian (Palazzo の再開業日は未定。Sands 社系列)
Wynn、Encore  (どちらも 6月4日 10:00am。Wynn 社系列)
Cosmopolitan
Treasure Island
Sahara
Circus Circus
Strat

 なお、ストリップ地区ではないが、郊外型カジノホテルとして存在感が高い Station 社系列のカジノで 6月4日 0:01am にオープン予定になっているのは、Red Rock、Green Valley、Palace Station、Sunset Station、Santa Fe Station、Boulder Station
 一方、同じく郊外型として最大勢力を誇る Boyd Gaming 社系列Fremont、Gold Coast、Main Street Station、Sam’s Town、Suncoast、Orleans、California、Aliante、Cannery、Eastside Cannery は、オープン予定日が公表されていない。

上段のグラフがネバダ州における感染者の通算、下段が新規感染者数。

上段のグラフがネバダ州における感染者の通算、下段が新規感染者数。

 最後に余談だが、上のグラフのとおり(両指によるピンチで拡大表示)、ここネバダ州における新型コロナウイルスの日々の新規感染者数は増加傾向にはないものの、4月中旬以降 100人前後で推移しておりほとんど変わっていない。
 このたびのカジノホテルの再オープンは地元経済にとってもラスベガスファンにとっても大変めでたいニュースではあるが、コロナが完全に終息したわけではないので、ラスベガス訪問の際は手洗いの徹底など、感染にはくれぐれも注意されたし。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連カテゴリー
関連タグ
  • URLコピー

コメント(6件)

  1. 鳥巣 素史 より:

    ニュースでいくつかのカジノがオープンしたとの報道がありました。よかったです。
    ただ報道などを参考にすると日本人が海外旅行を自由にできそうになるのは早くて秋以降、多分年を越しそうですね。ラスベガス訪問は早くて次の春以降でしょうか。現地は暑そうですがお体に気を付けて下さい。

    • ラスベガス大全 より:

      鳥巣 様
      ラスベガス大全をご閲覧いただきありがとうございます。
      引き続きラスベガスの復活を応援していただければ幸いです。
      簡単ではございますが、取り急ぎお礼まで。

  2. Shota.K より:

    いつも拝読させていただいてます。ホテルは一部再開のようですが、雇用はまだまだみたいですね。友人はまだ再雇用になってないみたいですが、明るいニュースに変わりはありません。私は毎年11月にラスベガスを訪問していましたが、今年は微妙なところですね。現状、人種差別のデモは連日ニュースになっていますが、アジア人に対する差別も至る所で聞きますし、アメリカ入国の際の規制がどうなっているとか情報を頂けるとありがたいです。

    • ラスベガス大全 より:

      Shota.K 様
      ラスベガス大全をご閲覧いただきありがとうございます。
      現時点での入国の規制は14日の外出禁止になっているようです。
      今後変更になる可能性がありますので、ご旅行を計画される際は、以下の ESTAのサイトなどで最新の情報をご確認されることをおすすめいたします。
      https://esta-center.com/news/detail/990100.html

  3. lovevagas より:

    いつも拝読させていただいております。
    ベガスもいよいよ再開してひと安心ですね。
    毎年ベガス旅行を楽しみにしているのですが、
    今後、ある程度通常営業になった場合、日本からの航空運賃は、どうなると予想しますか?
    ご意見いただければ幸いです。

  4. りのらん より:

    ダウンタウンのゴールデンナゲットも3日午後にホテルオープン、4日0時にカジノ再開とメールが来てました。
    電飾アーケードのショーも始まったみたいですが、野外ステージでの無料ライブは未定のよう。

    私も含め、日本から渡航する場合は何か月も前に航空券を取ることが多いと思うのですが、今はそれが
    難しいですよね。
    今年は大統領選の日にベガスにいる予定だったのですが、秋の状況が全く予想できないので……。
    早くワクチンや特効薬ができて、新型コロナが季節性インフルエンザと同じような扱いになってほしい。

    あ、以前の記事にシャットダウン中のフラミンゴの動画を載せていただきありがとうございました!!
    (シャッターのないホテルはどうしてるのかな?と疑問を投げたのは私です)
    お礼がすっかり遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

ラスベガス大全 にコメントする コメントをキャンセル

ご意見、ご感想、記事内情報の誤りの訂正など、以下のコメント欄にお寄せいただければ幸いです。なお、ご質問は [フォーラム] のほうが返事をもらえる可能性が高いです。

※ メールアドレスが公開されることはありません。
※ 以下に表示されているひらがな4文字は、悪質な全自動プログラムによる大量の書き込みなどを防ぐためのアクセス・コードです。全角ひらがなで入力してください。

CAPTCHA