公営バス

 電車や地下鉄がないラスベガスにおける公共交通機関の大黒柱は、なんといっても公的機関 RTC(Regional Transportation Commission)が運営する公営バス。
 そのネットワークは、ストリップ地区のホテル街はもとより、ダウンタウンから住宅街まで広範囲に及んでおり(運航している路線の数は 50以上)、観光客はもちろんのこと、車を持たない地元民にとっても欠かせない存在となっている。

 一般観光客にとっての重要なバス路線は、ホテル街、つまり南北に長いストリップ大通りを走る路線ということになるわけだが、その路線には2つのタイプがある。
 ひとつは、すべてのバス停に停車するタイプ。もうひとつは、主要のバス停にしか停車しない、いわゆる急行タイプだ。
 前者の車体は2階建てになっていて、DEUCE という愛称で呼ばれており(上の写真)、後者の車体は2連結で SDX と呼ばれている(下の写真)。

 DEUCE は停車回数が多すぎ利便性が悪いので、交通手段としてではなく、むしろストリップ地区の景色を眺めるための遊覧的な乗り物と考えるべきだろう。したがって、通常は SDX を使うことが多くなるはずだ。
 運賃は、発行時刻から2時間有効な乗車券が6ドル、24時間有効券が8ドル、72時間有効券が20ドル。バス停にある自販機で購入可能。
 さらなる詳しい情報は [市内交通] セクションに掲載。

ページの先頭へ戻る