治安

 「ラスベガスは観光業が唯一の産業」といってもよいほど、地元経済は観光業に依存しているだけに、警察や関係諸機関にとって治安の維持は最大の関心事。治安の悪化によるイメージダウンは、観光都市ラスベガスの経済基盤を揺るがしかねないからだ。

 そのため、他の都市以上に治安の維持には力を入れており、繁華街ではアメリカとしては異例の「自転車による警察官の巡回」までもおこなっている。

 その結果、繁華街エリアの治安としては、ラスベガスは常にアメリカの他の都市と比較して犯罪率の低い都市にランクされており、特にストリップ地区やダウンタウン地区の目抜き通り沿いは、夜間でも十分に明るい上、人通りも多く安心して歩けるようになっている。
 他の都市との相対論として、ラスベガスは防犯カメラの設置台数が多いことも、プラス材料と考えてよいのではないか。

 とはいえ、やはりここはアメリカ。どんなに安全そうに見える場所においても「犯罪はいつでもどこでも起こりえる」ということを常に頭に入れておくべきで、人通りがまったくないような場所への出入りは極力避けるようにすべきだろう。

スポンサーリンク

 また、繁華街でも置き引きスリには十分注意するようにしたい。
 強盗のような凶悪犯罪に日本人観光客が巻き込まれたというような話はほとんど聞かないが、置き引きなどのたぐいの被害はときどき報告されている。特に空港、レストラン、ショッピングセンターなどでの被害が多いようなので、人通りが多い場所でこそ、所持品などから目を離さないようにしたいものだ。

 なお、2017年10月、マンダレイベイホテルの高層階に宿泊していた犯人が、外界のコンサート会場に向けて銃を乱射、という事件があったが、これは極めて特異なケースであり、ラスベガス特有の傾向的な事案ではないため(完全な単独犯による暴走で、どこの国のどのような場所でも起こる得る偶発的な事件)、治安の度合いを議論するこの場で取り上げても意味がないだろう。
 それでも、被害を大きくしたいという犯人側の心理を考えると、人がたくさん集まっているところにリスクがあることを再認識させてくれたという意味では教訓になったのではないか。ラスベガスでは大きなイベントが多いので、そのような場所で出向く際は、この教訓を意識しておいて損はないのかもしれない。

 緊急の電話は警察も消防も同じ、局番なしの 911
 緊急でない場合は、局番なしの 311

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る