空港(トラムに注意)

 ラスベガスでただ単に「空港」と言えば、マッキャラン国際空港 のことを指す。
(写真内の日本航空機は、ラスベガスに就航していたころのもので、現在は就航していない。背景はルクソールホテル)

 ラスベガス周辺にはマッキャラン以外にも数ヶ所の空港が存在しているが(空軍基地もある)、それらは自家用機およびグランドキャニオン・ツアーなどで使用される小型機用となっており、海外および全米各地からの一般のフライトは原則としてすべてこのマッキャラン国際空港に到着すると考えてよい。

 この空港の特徴はなんといってもその近さだろう。多くの観光客が滞在するストリップ地区のホテル街の南端付近からターミナルまでわずか 3~4km ほどの地点に位置しており(空港の敷地の西端はストリップ大通りにほぼ接している)、主要都市のメイン空港としては世界屈指の中心街に近い空港となっている。
(写真は空港構内へ通じる進入路付近からホテル街方向を見たところ。ダーク・グリーンの建物はMGMグランドホテル)

 また、近さのみならず空港そのものもいかにもラスベガスらしく、空港内のいたるところにスロットマシンが置かれている他、広告を始めとする何もかもが非常に派手で、世界一華やかな空港 といっても過言ではない。

 ただし華やかで活気が感じられるのは、古くから存在している Terminal-1(通称 T1)で、2012年に完成した Terminal-3 は(通称 T3)、まだ利用航空会社が少ないためか、新しく美しい立派なターミナルではあるものの、特に到着ロビーのバゲージクレーム周辺などは人通りが少なく閑散としていることが多い。(上の写真は T3)

 なお、長らく国際線ターミナルとして機能してきた T2 は、国際線機能を有している T3 の完成にともない役目を終え、現在は一般旅客便の用途としては使用されていない。

 この空港のすごいところは華やかさや近さだけではない。2016年8月から運用が始まった管制塔の高さ(107m)が全米第2位(1位は121mのアトランタ空港)というのはどうでもいいとして、世界に冠たる大空港であることを忘れてはならない。

 都市の規模からすると信じられないようだが(ラスベガスの都市圏人口はわずか200万人)、このページの最後に示した一覧表からもわかる通り、離着陸回数は世界第8位(約52万回)で、巨大都市であるロンドンのヒースロー空港(10位、47万回)、パリのシャルルドゴール空港(11位、47万回)、ニューヨークのJFケネディ空港(19位、42万回)、そして東京の羽田空港(18位、42万回)よりも多い。(ちなみに羽田は乗降客数では世界第3位)

 ラスベガスよりも上位にランクされているのは、たくさんの滑走路を持つ怪物空港御三家とされるシカゴ、アトランタ、ダラス、それに世界屈指の都市圏人口をかかえるロサンゼルスや北京などで、そのような大空港と渡り合っているマッキャランはまさに隠れた怪物空港といってよいだろう。

 ロンドン、ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスなどの巨大都市には、羽田に対して成田があるように、複数の空港があるため利用者が分散してしまいがちというハンデの存在は考慮すべきだが、それにしてもわずか人口200万人のラスベガスが世界第8位とは驚くべき順位で、人口のわりに来訪者が多いことが裏付けられた格好だ。

 一方、乗降客数では世界第25位に甘んじている。これには大きな理由が2つある。

 ひとつは、座席数が多い大型機による国際線の比率が相対的に低いため(たとえば 2016年9月の乗降客数のデータでは、国内線の利用者 360万人に対して、国際線はわずか 33万人)、国際線が多いヒースロー空港やケネディ空港よりも、1機あたりの搭乗者数が少ないということ(写真は、マッキャラン空港で最大の勢力を誇るサウスウェスト航空の中型機ボーイング737)、それともうひとつ、マッキャラン空港はラスベガスを最終目的地とする利用者が大部分であるのに対して、巨大都市の空港では国際線などからの乗り継ぎ客が多く、それらも乗降客数にカウントされているためだ。

 したがって、マッキャラン空港の特徴を簡単に表すならば、全米各都市からの国内線が集結している巨大空港ではあるが、大多数の利用者にとって最終目的地であり、乗り継ぎ需要が多いハブ空港ではない ということになる。

 さて、国際線といえば、ノースウェスト航空(現在はデルタ航空に吸収合併)と日本航空の成田からラスベガスへのノンストップ便が一時期非常に人気があったが、2001年に発生した 911同時多発テロで旅客需要が急減したため、ノースウェストは同年にこの路線を打ち切り、また日本航空も 2006年9月にこの路線から撤退してしまった。

 現在は、その日本航空の撤退と入れ替わるかたちで 2006年9月に参入した大韓航空のソウルからのノンストップ便が(写真)、唯一の「日本人に関係するマッキャラン発着の国際線」(大韓航空は、日本の16都市とソウルの間を結んでいる)としてアジアとラスベガス間をノンストップで結んでいる。
(2016年12月から中国の Hainan Airlines(海南航空)が、北京とラスベガスをノンストップで結ぶ路線を始めたので、北京経由でラスベガスに入るという方法もないわけではないが、かなり遠回りになってしまうため、日本人観光客にとっての利用価値は高くない)

 さてこのマッキャラン航空を利用する際の重要な注意事項がある。それは自分が利用する航空会社が T1 なのか T3 なのかという問題意識と、そこへの行き方だ。

 困ったことに、かなりの数の到着客が毎日のようにまちがったターミナルへ向かってしまい、現場であたふたしたり、出迎えの旅行会社のスタッフを困らせている。

 T3が 2012年にオープンして以来、このトラブルはまったく減る気配を見せておらず、「いくら待っても旅行会社のスタッフが迎えに来なかった。タクシーでホテルに向かったので金を返せ!」「いや私はお客様をちゃんと荷物の回転台の前で待っていました!」といった言い争いが絶えない。

 ちなみにこのトラブルは、初めてベガスを訪れるベガス初心者よりも、リピーターのほうが圧倒的に起こしやすい。理由は、ベガス初心者は案内板などを注意深く読むが、リピーターは以前の記憶に頼ってどんどん進んでしまうからだ。

 なぜそのような問題が発生してしまうのか。それは飛行機が到着したゲートで飛行機から降りたあと、人の流れに沿って通路をしばらく進み、そのあとに出くわすモノレール(一本軌道ではないので、正確には「トラム」)に乗ってスーツケースが出てくる場所に向かうことになるわけだが、そのモノレールに路線が2つあるためだ。ひとつは T1 行きのモノレール、もうひとつは T3 行きのモノレール。

 そして両者は、同じプラットホームから異なる行き先の車両として出発するのではなく、乗り場そのもの、つまりプラットホーム自体がまったく異なった場所に位置しており、困ったことに、まちがったプラットホームから乗ってしまうと、保安システム上の理由から、絶対に戻ることができない。

 すなわち、自分のスーツケースが出てくる回転台がどちらのターミナルにあるのか、それを知らずに人の流れに沿って深いことを考えずにまちがったホームからモノレールに乗ってしまうと、出迎えのガイドなどと会えないばかりか、スーツケースを取り出すこともできないというわけだ。

 一般の日本人観光客に関係してくる航空会社としては、アメリカン航空、デルタ航空、サウスウェスト航空、USエアウェイズが T1 にある回転台にスーツケースが出てくる。
 ユナイテッド航空、アラスカ航空、ハワイアン航空、エアカナダ、ヴァージン・アメリカ航空、大韓航空が T3 だ。
(あくまでも 2019年1月時点の情報なので、今後変わる可能性は常にある)

 なお、ヴァージン・アメリカ航空と大韓航空で到着した場合は、到着ゲートの位置が T3 の建物本体に近いため、モノレールに乗る必要はなく、自動的に T3 の回転台に向かうことになるので特に意識する必要はない。

 では、まちがったモノレールに乗ってしまわないようにするには何に気をつければよいのか。

 それは、色分けと、写真内のコンコースにある下りの長いエスカレーター(LAS VEGAS と書かれている部分の GA の真下に見えるエスカレーター。なお実際の現場では、他にもエスカレーターがあるので、この写真の位置関係にこだわる必要はない)を降りたあと、よく注意することだ。

 このエスカレーターを降りたあと、向かって左側にあるプラットホームから出発するモノレールが青路線のモノレールでT1 行き、向かって右側(もしくはほぼ真っすぐ)の位置にあるプラットホームが赤路線で T3行きとなっている。
(車体そのものが、青や赤になっているわけではなく、あくまでも路線の呼び名)

 現場に、それぞれの航空会社ごとの向かうべきプラットホームの方向が示されているので、それをよく確認しながら進むようにするとまちがいはない。

 スーツケースを無事ピックアップしたあとは、旅行会社のスタッフなどによる送迎がない個人旅行の場合、タクシーや UBER でホテルに向かうことになるわけだが、これは比較的簡単で、頭上の案内表示などに従って進めば簡単にわかるようになっている。

 また幸いにも前述の通り、この空港からホテル街までは非常に近いので、料金的な負担も少なくて済む。ただ、遠回りをする悪質なドライバーもいるので油断はできない。
 このタクシーや UBER に関しては、この [基本情報] もしくは [市内交通] のセクション内の該当ページにくわしく掲載されているのでそちらを参照していただきたい。

以下、少々古いデータになってしまうが、Airports Council International 発表の 2014年の統計。

離着陸回数 (2014年) 乗降客数 (2014年)
順位  空港  順位  空港 
1 シカゴ・オヘア国際空港 1 H.J. アトランタ国際空港
2 H.J. アトランタ国際空港 2 北京国際空港
3 ダラス・フォートワース国際空港 3  東京羽田国際空港
4 ロサンゼルス国際空港 4 ロンドン・ヒースロー空港
5 北京国際空港 5 ドバイ国際空港
6 デンバー国際空港 6 シカゴ・アヘア空港
7 シャーロット国際空港 7 ダラス・フォートワース空港
8 ラスベガス・マッキャラン空港  8 ロサンゼルス国際空港
9 ヒューストン・Gブッシュ国際空港 9 香港国際空港
10 ロンドン・ヒースロー空港 10 パリ・シャルルドゴール空港
11 パリ・シャルルドゴール空港 11 フランクフルト空港
12 フランクフルト空港 12 イスタンブール国際空港
13 アムステルダム・スキポール空港 13  ジャカルタ・スカルノH国際空港
14 イスタンブール国際空港 14 アムステルダム・スキポール空港
15 トロント国際空港 15 広州白雲国際空港
16 サンフランシスコ国際空港 16 シンガポール・チャンギ空港
17 フェニックス国際空港 17 ニューヨーク・JFケネディー空港
18 東京羽田国際空港 18 上海国際空港
19 ニューヨーク・JFケネディー空港 19 デンバー国際空港
20 フィラデルフィア国際空港 20 クアラルンプール国際空港
25  ラスベガス・マッキャラン空港