砂漠に関して

 観光ガイドブックなどにおいてラスベガスを形容する言葉として必ず登場するのが「砂漠の中の不夜城」だ。
 それほどまでにラスベガスと砂漠は切っても切り離せない関係にあるが、実際にその砂漠を訪れる日本人観光客は意外と少ない。ラスベガスまで行って砂漠を見ずに帰るのは、ハワイへ行って海を見ずに帰るようなものと言われるほど非常にもったいない話だ。

 では、なぜ多くの人が砂漠という「ラスベガスを代表する観光スポット」を見ずに日本へ帰ってしまうのだろうか。考えられる理由は二つある。
 まず、近場の砂漠らしき場所へのオプショナルツアーがほとんど存在していないということ。片道約2時間半ほどかかるデスバレー(写真)ならツアーが存在するが、ラスベガス郊外の近場の砂漠の場合、ツアー催行業者にとってビジネス的なうまみが少ないためか、ツアー商品になりにくいようだ。結局、レンタカーで行くしかないが、不慣れな海外でレンタカーを運転しようという者はそれほど多くない。

スポンサーリンク

 もう一つ考えられる理由は、ラスベガスに到着する直前に飛行機から見た景色だけで砂漠を見たつもりになり、それで満足してしまう人が多いのではないか。
 ハワイの海を上空から見て、ハワイ滞在中にビーチへ一度も出ないことを想像してみれば、上空からの砂漠見学だけで帰ってしまうことがいかにもったいないかよくわかるはずだ。やはり広大な大地に足をおろし、地平線の彼方まで続く砂漠をじっくり見てこそ感動できるというもの。
 とにかく「砂漠の中の不夜城」という言葉を思い出すまでもなく、砂漠はラスベガス観光のひとつであることを常に覚えておきたい。

 では、どこへ行けば手っ取り早く砂漠らしい光景を見ることができるか。それはなんといってもドライレイク(乾燥して湖底が露出した真っ平らな砂漠)だろう。その代表が IVANPAH DRY LAKE だ (発音はアイバンパ、写真内の明るい部分)。
 このアイバンパドライレイクはラスベガスからロサンゼルス方向に車でわずか40分ほどの場所にある。もちろんデスバレー地区など、ドライレイクは他にもたくさんあるが、ラスベガスからの距離や規模を考えると、ここが一番手っ取り早いだろう。

 最後に「砂漠」という言葉に関してひとこと。
 日本で「砂漠」というと一面が砂で覆われた地域を想像しがちだが、英語で砂漠を意味する「DESERT」は、そのような砂地だけでなく、ほとんど植物が生えていない荒野のような場所も含んでいる。
 ラスベガス周辺の DESERT はまさにそれで、サラサラした砂で覆われているような砂漠は少ない。したがってラクダが出てきそうな砂地を期待して行くと少々ガッカリすることになりかねないのであらかじめ了解しておく必要がある。
 なお英語では、アフリカのサハラ砂漠や日本の鳥取砂丘のような砂で覆われている地形で、特にそれが海浜地区などにある場合は DESERT ではなく DUNE(デューン)と呼ぶことが多い。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る