観光スポットのトップ
フォーラムショップス  




英語名   THE FORUM SHOPS
住所   3500 LAS VEGAS BOULEVARD LAS VEGAS, NV 89109
電話   702-893-4800
営業時間   日〜木:10:00am 〜 11:00pm、 金・土:10:00am 〜 12:00mn
アクセス   シーザーズパレスとミラージの間

 シーザーズパレスのカジノに隣接する話題のショッピングモール。
 規模でこそファッションショーモールに、また、商品価格の安さでこそファッションアウトレットやラスベガスアウトレットに及ばないものの、エンターテーメント性、話題性、知名度、ロケーションなどにおいては他の追随を許さず、もはや単なるショッピングスポットというよりもラスベガスを代表する観光スポットといった感じすらある。

 ローマの街並みをイメージしたという空間は実に芸術的で美しく、特に 2004年秋に完成した Phase-3 (二度目の増築工事で出現した部分) の荘厳な柱やフレスコ画などの装飾は圧巻だ。三菱電機製の 「らせんエスカレーター」 (写真右上、クリックで拡大表示) も話題を集めている。
 また、すっかり有名になった Phase-1、Phase-2 の 「空の様子が変わる天井」 も、このショッピングモールを代表するアトラクションとして相変わらず注目度は高く、そのアイデア (屋内空間の天井を青空から夕焼け空に変化させたりする発想) は、今でこそ珍しくなくなってきているものの (東京のヴィーナスフォートも同種の手法を導入)、93年の開業当時は奇抜なアイデアとして注目を集め、今でもこのフォーラムショップスは、ショッピングモール設計のパイオニアとして世界中の業界関係者から一目置かれている。

 話題はインテリアや天井だけではない。二ヶ所の広場では、それぞれハイテクを駆使した全自動式の無料アトラクションが 1時間ごとに行なわれている。「フェスティバルファウンテンショー」 と 「アトランティス」 だ。
 前者は、噴水広場の真ん中にドッシリと鎮座した石像 (写真左。実際には石で出来ていない) が、突然クニャクニャと音楽に合わせて動き出す。実に単純でバカバカしい滑稽な見せ物だが、ラスベガスらしい遊び心があふれており、好感が持てる。
 後者は人間そっくりに作られた高性能人形ロボットが、光、音、火、水、煙などの特殊効果の中で、派手なパフォーマンスを演じる。無料でここまでやるのか、と思わせるほど手の込んだ仕掛けで、まさにラスベガスのエンターテーメント精神の真骨頂といった感じのアトラクションだ。
 また、そのアトランティスが行われる広場にはそこそこ立派な円形の水槽もあり、熱帯魚鑑賞を楽しむことができる。3:15pm と 7:15pm にはダイバーが魚にエサをやるパフォーマンスもあるので、子連れファミリーなどはぜひ行ってみるとよいだろう。
 あと、これはアトラクションではないが、大型玩具店 Fao Schwarz (一度倒産して閉鎖されたが 2004年秋に営業を再開) の入口前に飾られた巨大木馬も一見の価値がある。(写真右下)

 入居しているテナントは高級ブランド店を中心に全部で約 160店 (レストランも含む)。
 Bvlgari、Escada、Louis Vuitton、Gucci、Fendi、Ferragamo、Coach、Versace、Armani、Jimmy Choo など、そうそうたる顔ぶれが所狭しと軒を並べている。
 また、有名シェフ・ウォルフガングパック氏の店として知られる Spago や Chinois、映画をテーマにしたレストランチェーン Planet Hollywood (2000年に経営母体は一度倒産したが今は復活)、ロサンゼルスで有名な人気ロブスター店 Palm など、レストランも著名店が多い。

 一方、それだけ注目を浴びている高級ショッピングゾーンであるがゆえに、出店する側にとっての賃貸料も全米屈指の高水準にあり、当然のことながらそれが商品価格に跳ね返ってきている。したがって、ディスカウントショップ的なジャンルの店は少なく、価格重視派のショッピング族にとっては期待に添う店が見つからない可能性が高い。このモールは、安い掘り出し物を探したりする場所とは考えない方がよいだろう。
 場所は、シーザーズパレスのカジノの北側。行き方としては、シーザーズパレス内からカジノを通って入る方法と、シーザーズパレスとミラージホテルの間にあるストリップ大通りに面した歩道側 (写真左上) から入る方法があるが、一般的には後者の方がわかりやすい。

 * 全テナントリスト  ( ← クリック )



観光スポットのトップページに戻る