ナイトショーのトップ




ホテル  ベラージオ / 702 - 693 - 7722
スケジュール  7:00pm と 9:30pm
休み  原則として月曜日、火曜日。(週によって変わることも)
料金  以下の本文中の表を参照 (2015 年 11月 現在の料金)
ドリンク なし 年齢制限 5才以上
英語力 まったく必要なし 座席指定 指定席

 カナダのモントリオールに拠点を置く人気サーカス団シルク・ドゥ・ソレイユが演じる華麗かつ独創的な水上ショー。このショーの名前の読み方はもちろん "ゼロ" ではなく "オウ" で、フランス語で水を意味する "eau" (オウ) にちなんでいる。初公演は、このシアターがあるベラージオホテルの開業と同じ 1998年10月。

 パリのオペラハウスをイメージしたという 1800人収容の専用シアターは、従来のラスベガスのスタンダードをはるかに超えるゴージャスな会場としてデビューし、当時はその規模や内容にだれもがビックリさせられた。もちろん今でも完成度の高いシアターとして人気を博しており、15年たってもまったく陳腐化することなくその存在感は健在だ。
 特にこのシアターは、ゴージャスといったソフト的な部分以上に、機能的な部分での評価も高く、たとえば、シートの横方向の配置が直線的ではなく、全席がステージに対して真っ直ぐ向くよう弧を描くように配置されており、中心からかなり外れた壁際のシートでもほぼ正面にステージを見ることができるようになっている。(その種の設計は今では決して珍しくはないが、一昔前までのラスベガスの劇場はディナーショーなどでの利用も想定されていたため、座席とステージの位置関係が劣悪なものが多かった)
 また、フロアの傾斜がきついため、前の席に大きな人が座っても視界を妨げられることがなく、かなり後ろの席でもステージがよく見渡せる。ステージの広さも、天井の高さも十分で、ゆったりした開放感もこのシアターの自慢だ。ただ、規模が大きいということもあり、2階席は総じてステージから遠く、役者の表情まで楽しみたいという者には難がある。予算が許す限り1階席で観たい。
ちなみに予算といえば、このショーにおけるチケットの種類は6種類もあり、LET とチケット販売手数料を入れると以下のようになる。

公式チケット価格$180.00 $165.00 $155.00 $130.00 $109.00 $98.50 
LET税 9%$16.20 $14.85 $13.95 $11.70 $9.81 $8.86 
販売手数料$10.95 $10.95 $10.95 $10.95 $10.95 $10.95 
最終価格$207.15 $190.80 $179.90 $152.65 $129.76 $118.31 

( LET とは、Live Entertainment Tax の略で、いわゆる興行税のこと。ラスベガスでの一般の消費税 8.1% とは異なり、 LET が課税される商品に対しては消費税は課税されない)
 なお、「販売手数料」 は、これは買う側としては、気分のいいものではないが、ラスベガスのショーチケットにおいてはほとんどの場合、これが存在しており、シルク・ドゥ・ソレイユも例外ではないので仕方がない。(ショーを実際に行う劇団側と、チケットを販売する部門が別組織になっているため、公式サイトで買っても販売手数料が発生する)

 ショーの内容は、他の多くのシルク・ドゥ・ソレイユのショーとどことなく似ている部分はあるものの、それでもこのオウは、舞台のコンセプトがまったく異なるため (こちらは水上ショー)、すでに他のシルク・ドゥ・ソレイユを観ているからといって、このオウを観ることにためらいを感じる必要はまったくない。
 さてその気になる 「水上」 という部分だが、世界初といわれる "プールステージ"、つまり舞台全体が巨大なプールになっており、始めから終わりまですべての演出はその水上 (空中も含む) もしくは水中で行われる。

 もちろんそのプールは単なるプールではない。プールの底が上下に動くようになっており、水深が絶えず変化する。ちなみにその "底" となる部材には、水を通す小さな穴が無数にあいているため、水の抵抗をまったく感じさせないほど瞬間的に水深を変えられるようになっている。つまり、役者が高い空中ブランコからダイビングする際は底を下げ水深を深くし、ダンスを踊ったりする際は底を上げ水深を浅くするかゼロにする。(水面の絶対的な位置はほぼ一定している)
 もちろん底を水面よりも高く上げ、通常の舞台のように使うこともある。その場合の舞台は濡れているわけだが、無数の穴があることと、表面が特殊な素材で出来ているため、アクロバットを演じている役者が滑ったりするようなことはない。



 そのような舞台構造になっているため、役者が登場するときは、水中から登場するか、空中から登場することになり、その部分も他のショーと大きく異なる部分のひとつといってよいだろう。
 パフォーマンス自体は、空中ブランコ、アクロバット、シンクロナイズドスイミングなどが中心だが、他の一般のショーでも観られるその種の演技とは次元がまるで異なり、芸術性や完成度が非常に高い。また、複数の役者がいろいろな場所で同時進行的に行うので、目がいくつあっても足りないほど複雑で多彩な演技が披露される。マジックでもないのに 「どうしてだろう」 と思わせる不思議な場面にたびたび遭遇するのもこのショーの特徴だ。
 あと忘れてはならないのが、非常に危険な技を演じているということ。幻想的な演出の陰に隠れがちだが、一歩まちがえば死に至るような荒技が多数織り込まれていることも知っておきたい。たとえば高い空中ブランコから飛び込む際など、水深を調節する者と役者のタイミングがずれたらそれこそ大惨事だ。また水中衝突のリスクがある危険な演技も少なくない。とにかく芸術性においても難易度的にも他のショーとは比較にならないほどこのショーは異次元にあるといってよいだろう。

 総じてよいことばかりを書いてきたが、絶賛する者ばかりではないことも、付け加えておきたい。一番多く聞かれるのが、「ミスティアのほうが楽しい」 という意見だ。また、同じ水上ショーとしてラレブ (ウィンラスベガスで公演) のほうを高く評価する意見も少なくない。
 そのへんの意見の相違は 「好みの問題」 ということになり、客観的に論じることはむずかしいが、傾向的なこととして言えることは、オウは男性よりも女性に支持者が多いということ。どうやらオウの繊細で華麗な部分が女性に人気で、ミスティアやラレブのダイナミックかつコミカルな部分が男性にウケていると言えなくもなさそうだ。

 さて、日本人にとって気になる語学力に関する部分だが、シルクの他のショーと同様、このオウにはトークの部分が一切ない。つまり英語が苦手な者でもアメリカ人と対等にショーを楽しむことができる。マジック系以外で英語力をまったく必要としないショーはそう多くはないので、そういう意味でもシルクのショーは貴重な存在といってよいだろう。
 なおこれは余談だが、シンクロナイズドスイミングでバルセロナオリンピック銅メダリストの奥野史子さん、アトランタオリンピック銅メダリストの河邊美穂さんと妹の美佳さん、アテネオリンピック銀メダリストの北尾佳奈子さんが、これまでにパフォーマーとして参加しており、このオウは観る側だけでなく、演じる側にとっても日本人にとってなじみが深い。ちなみに北尾さんは 2013年時点でもまだ現役として活躍している。

 チケットはベラージオホテルの公式サイト www.bellagio.com を通じて買うことができるが、2013年4月から、その公式サイト内の特別なページで割引販売も始めているので (常に割引販売があるとは限らない)、それらを利用するとよいだろう。その割引のページに関しては、このラスベガス大全のトップページ (週刊ラスベガスニュースが掲載されているページ) の一番下のほうにリンクがある。
 もちろんチケットが完売になっていなければ、劇場の入口の前にあるチケット売場 (Box Office) で当日券を買うことも可能。

【JCBカードとの提携広告】
 JCBカード会員に朗報! 電話による ナイトショーチケット無料手配代行サービス (日本語OK) がスタート。手数料無料なので、JCBカード会員はこのサービスを利用しない手はない。何かあったときに安心の 「JCBプラザ」 も利用可能。くわしくは、こちらをクリック

 奥野 & 河辺、対談インタビュー
 ちょっと古い情報だが、奥野 & 河辺、メダリストコンビが、オウに関する裏話・苦労話など、出演メンバーだからこそ知っている秘話を披露してくれた。
 週刊ニュース 第250号 「直撃インタビュー、シンクロのスター "O" にデビュー」 に掲載。(HOME に戻り、その左側にある [バックナンバー] をクリック)


 以下、このオウに関して、実際に鑑賞した人はそのときの感想などを、これから観ようとしている人は質問などを投稿し、読者の皆様の間での相互の情報交換の場としてご利用ください。
 なお、初めて投稿する場合は、こちらをクリックして (←クリック)、投稿の方法や注意事項などをご一読ください。

comments powered by Disqus

ナイトショーのトップページに戻る