使用語の定義と利用上の注意


* このラスベガス大全をご利用になられる前に必ずお読みください *

■  情報の正確度
  ホテルの宿泊料金やレストランの料金など、当ラスベガス大全に収録されている各種情報は取材後変更になっている可能性があります。あらかじめご了承ください。
■  年齢制限の表記方法
  各ホテルで上演されているナイトシーにはそれぞれ入場に際して年齢制限がございます。そして毎晩 2回上演されるショーにおいては、その 1回目の上演と 2回目の上演で年齢制限が異なる場合があります。ナイトショー情報の 「年齢制限」 の項目において、「13 / 21」 のように記載されている場合は、早い時間帯に上演される部の年齢制限が 13才で、遅い部が 21才という意味です。(夜遅い部のナイトショーではダンサーがトップレスで登場したりすることが多く、年齢制限が引き上げられることがあります。若く見られがちな方はパスポート等、年齢を証明できるものをご持参ください)
■  アクセス (目的地までの行き方) に関する注意
  観光スポットなどへの行き方 (アクセス) の説明においては、原則としてフォーコーナーを起点とした道順を記載しております ( 「フォーコーナー」 に関しては 【ディクショナリ】 をご参照ください)。また、道順の説明文の中に出てくる固有名詞は特に説明がない限りすべて道路名です。移動方法は特に指定がない限り自動車 ( タクシー、レンタカーなど ) で、所要時間は渋滞がない場合を前提とした標準的な走行に基づく時間です。
 なお、ラスベガス近郊など比較的近距離に位置する目的地への道順説明においては、基本的にすべて一般道路を利用する場合を想定しています。高速道路を利用する場合は、その都度各自市販の地図等で道順をご確認ください。
 なお各交差点間の距離などはかなり正確に記載されていますので、交差点を曲がるごとに車のトリップメーターをリセットされると大変便利です。
■  マイル表示とキロメーター表示
 ある地点から目的地までの距離の表記においては、地図上の直線最短距離ではなく、最短の道順に沿って実際に道路を移動する際の距離を記載しました。
 また、単位に関しましては、徒歩での移動の場合はなるべくキロメートルを採用し (使い慣れた単位の方が距離感をつかみやすいため)、レンタカーやタクシーで移動する区間は原則としてマイル表示にしました (車のトリップメーターを見ながら運転したり、タクシー料金を計算したりする際にマイル表示の方が都合がよいため)。
■  住所表記の原則
  ホテル、レストランなどの住所表記は、最初の数ケタの数字が番地、番地のすぐあとに続く名称が道路名、それに続くのが市 (ほとんどの場合 LAS VEGAS)、その次が州 (ほとんどが NEVADA。略して NV )、そして最後の 5ケタの数字が ZIPコード (郵便番号) です。
■  ストリップの住所表記
  ストリップ (ラスベガス大通り) に面しているホテルやレストランの住所表記における道路名は、俗称の 「STRIP」 ではなく正式名称の 「LAS VEGAS BOULEVARD」 (もしくは略して LAS VEGAS BLVD.) と表記してあります。
■  「SOUTH」の省略
  ストリップ沿いの住所表記は、ダウンタウン地区よりも北側では 「LAS VEGAS BOULEVARD NORTH」、南側では 「LAS VEGAS BOULEVARD SOUTH」 と表記されるのが正しい表記方法ですが、このラスベガス大全に収録されている大部分のホテル、レストランなどは 「LAS VEGAS BOULEVARD SOUTH」 地区にありますので、それらの住所表記における 「SOUTH」 は原則として省略してあります。つまり、ただ単に 「LAS VEGAS BLVD.」 と表記されている住所はすべて 「LAS VEGAS BLVD. SOUTH」 のことになります。
■  番地の偶数と奇数
  「LAS VEGAS BLVD. SOUTH」 地区における番地は南に行くにしたがって数字が増えるようになっています。また、番地の最後の一ケタが偶数の場合はストリップに対して西側、奇数の場合は東側に面して立地していることを意味しています。
■  道路名の略号
 
道路名のあとに付く「道路」そのものを意味する語句の省略表記は以下の通りです。
STREET→ ST.AVENUE→ AVE.ROAD→ RD.
BOULEVARD→ BLVD.LANE→ LN.DRIVE→ DR.
COURT→ CT.CIRCLE→ CIR.LOOP→ LP.
PARKWAY → PKWY.FREEWAY→ FWY.HIGHWAY→ HWY.
■  東西南北の表記
  住所を表記する際、東西南北を表す EAST、WEST、SOUTH、NORTH、は、通常略して E. W. S. N. などの一文字で表記されます。このラスベガス大全でも原則としてその表記方法に準じています。
 したがって 「1234 East Abcd Street」(東Abcd通り 1234番地)は 「1234 E. Abcd St.」 と表記されます。
■  ホテル名の日本語表記
  開業して間もないホテルなどにおいて、その和文表記の方法がまだ一般的に統一されていない場合 (例: BELLAGIO の場合の ベラージオ、ベラジオ、ベラッジオや、LUXOR の場合のルクソール、ルクソー、ラクソー、ラクサーなど)、当社独自の判断で英語発音に最も近いと思われる方法で表記しましたので検索の際などにはくれぐれもご注意ください。
■  タクシーの高速道路利用
  ストリップ地区とダウンタウン地区間のタクシーでの移動、および空港とダウンタウン間のタクシーでの移動においては、多くのタクシーが時間を短縮するため少々遠回りでも高速 15号線 (通行料は無料) を利用します。したがってこれらの区間のタクシー料金を事前に算出したりする際は十分ご注意ください。
■  宿泊料金について
  表示してある宿泊料金はあくまでも各ホテルが一般に公表している平均的な数字です。これら宿泊料金は、曜日や部屋のグレードのみならず、季節、イベント開催、祝祭日等の条件によって大きく変動しますのであらかじめご了承ください。特に大きなコンベンションの開催期間中の料金は通常の数倍になることも珍しくありません。
 また、予約の方法や予約経路によって、同じ日の同じホテルの同じ部屋でも料金が異なる場合がしばしばあります。したがって、このラスベガス大全内に掲載されている宿泊料金はすべて 「単なる目安」 とお考えください。
 なお、ラスベガスのホテルにおいては原則として利用人数による料金の差はございません。つまり、お一人様利用でもお二人様利用でも料金は同じです (3名以上の場合、追加料金を取られる場合があります)。ただし、3人以上が同室を利用する場合の追加ベッドは有料となる場合がほとんどです。
■  FAX番号
  大きなホテルにはさまざまな部署があり、それにともない FAX番号も複数存在しています。各ホテル情報に掲載されている FAX番号は、宿泊客宛に外部からメッセージを送信したりする場合の番号です。ホテルの特定の部署に FAX送信されたい場合はその都度ホテル側に番号をご確認ください。
 なお、大型ホテルでは毎日大量の宿泊者宛の FAXを受信しています。宿泊者に FAXを送信する際は紛失を避けるためにも必ず文頭にルーム番号および宿泊者名をハッキリ明記してからお送りください。また、配達不能の場合のために(宿泊者がすでにチェックアウトしてしまっている場合など)、発信者名およびその連絡先も必ず英語で明記してください。
■   ナイトショーにおける飲み物
  一部のナイトショーでは飲み物が出されます (その場合、飲物代も料金に含まれています)。ナイトショー情報における 「ドリンク」 の項目の数字は、チケット料金に含まれている飲み物の数を意味しています。なお、ここでいう 「飲み物」 とは、一般的にビール、水割り、コーラ、ジュース等になり、各自がその場で好きなものを指定できます。その他のナイトショーでは、飲み物は付きません (劇場内の売店などで個別に買うことは可能)。
■  ナイトショーの内容の変化
  各ナイトショーは、同一のナイトショーでも役者が入れ替わったり内容が頻繁に変化しています。したがって、このラスベガス大全に記載されている内容と実際の内容が大きく異なる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
■  スコア
  ホテル情報における 「採点評価」 は、立地条件、設備、サービスはもちろんのこと伝統、格調、人気、話題性、利便性、駐車場さらにはインテリア、エクステリア、アトラクションまで、すべての要素を総合的に判断して弊社が独自に採点した指数ですが、あくまでも本 WEBページ内でのみ使用する目的のものであり、他に影響力を及ぼすものではありません。参考程度にお役立てください。

トップページに戻る