ホテルのトップ
スターダスト




英語名   STARDUST HOTEL & CASINO
住所   3000 LAS VEGAS BOULEVARD LAS VEGAS, NV 89109
電話  702-732-6111 総客室数  2431
フリーダイヤル  1-800-634-6757 スイートルーム  160
FAX  702-732-6296 レギュラールーム  $60〜$250
外貨交換  あり スイートルーム  $150〜$500
総合評価  
 再開発のため、2006年 11月 1日をもって営業を打ち切り、2007年 3月 13日、爆破解体済み。ちなみに跡地には、ホテル、カジノ、コンドミニアム、ショッピングモール、コンベンションセンターなどから構成される大型複合施設 "Echelon Place" が建設されることになっており、その完成は 2010年を予定している。
 この項、すでに消滅していること告知するための掲載で、上記データ、および以下の記事は、閉鎖前に書かれたものです。


 かつて観光ガイドブックなどの夜景写真に必ず登場していたのが、このホテルの高さ 57メートルを誇る有名なネオンサインだ。(写真右上)
 古くからここに高くそびえるこのサインは、往年のラスベガスストリップの看板的存在で、ホテルそのものが何度改装されてもこのサインだけは昔の姿を保っている (99年に多少の改装は行われたが)。このネオンサインを見ると古き良き時代のラスベガスを思い出すというオールドファンも多いことだろう。

 さてこのスターダスト、いつのまにか大型ホテルになってしまったが、昔も今も 「超高級でもないし安っぽさもない」 というサラリとしたイメージだけは変わっていない。一見 「人畜無害」 そうな存在ではあるが、それでいて北ストリップ地域におけるスターダストの存在感は強烈なものがあり、しっかりとこの地域に根を下ろしている。
 それでもその存在感はあくまでも北ストリップ地区での話であり、南が全盛の今、このホテルが話題に上ることはほとんどない。超高級ホテル Wynn Las Vegas の出現が北ストリップを活性化させてきているが、このスターダストはその Wynn よりもさらに北に位置しているため、その恩恵は限定的なものになっている。
 そんな立地条件にあるためか、フォーコーナー周辺のホテルに比べ宿泊料も食事代も総じて安く、価格重視派からは根強い人気がある。

 特徴がないところがスターダストの特徴なのかもしれないが、強いて特徴らしきものを挙げるとすれば、スポーツブックのコーナーだろうか。大型スクリーンを何台も揃えたここのスポーツブックは、今でこそ珍しくなくなってきているが、かつてはラスベガスナンバーワンの規模を誇るスポーツブックとして広く知られていた。今でも地元民の間では 「スポーツブックのスターダスト」 というイメージは根強く、スーパーボウルやワールドシリーズなどの際のにぎわいは一見に値する。

 エンターテーメントに関しては、これまでウェインニュートンショーが有名だったが、2005年 4月を最後にここを去り、代りに日本人観光客にも人気があるマジシャン・リックトーマス氏がトロピカーナホテルから移籍してきて現在マジックショーを演じている。

 日本人は新しいもの好きなためか、名前が比較的知られているわりにはこの由緒あるスターダストに日本人観光客が泊まることはほとんどない。ただ、ハワイからの日系アメリカ人を主な顧客とするダウンタウン地区のカリフォルニアホテルやフリーモントホテルと経営が同じため、このスターダストにも日系アメリカ人は多数宿泊している。ハワイに営業基盤を持つ日本食レストラン "Sushi King" がこのホテルに店を構えているのもそのためだ。

 さて、そんなスターダストだが、2006年 10月末にはすべての営業を打ち切り爆破解体されることがほぼ決まっている。同ホテルを所有する BOYD Gaming 社がスターダストの敷地内に、カジノ、複数のホテル、コンベンションセンター、ショッピングセンターなどを含む大型複合施設 (仮称 Echelon Place) を建設するためだ。総客室数は 5300部屋、総工費は約 40億ドル。着工は 2007年後半で完成は 2010 年を予定している。


ホテルのトップページに戻る