ホテルのトップ
ミラージ



( ↑ クリックで拡大表示 ↑ )

英語名   THE MIRAGE
住所   3400 LAS VEGAS BOULEVARD LAS VEGAS, NV 89109
電話  702-791-7111 総客室数  3049
フリーダイヤル  1-800-627-6667 スイートルーム  279
FAX  702-791-7414 レギュラールーム  $90〜$300
外貨交換  あり スイートルーム  $300〜$750
総合評価  

 南国の楽園をテーマにした高級ホテル。当時オーナーだった Steve Wynn 氏が社運を賭けて建設した同ホテルは、1989年の開業当初、テーマホテルの草分け的な存在として大いに注目され、また、それまでの業界の常識を覆す超高額な投資は良くも悪くも話題を集めた。
 その豪華投資のシンボル的な存在が、ストリップ大通りから正面玄関にかけての前庭一帯の演出で、無数に存在するヤシの木に囲まれた滝、そして "火山" は、同ホテルのシンボルという枠を超え、もはやラスベガスを代表する観光スポットとして長らく親しまれてきた。
 それでも、同ホテルよりも格上とされるベラージオ、ベネシアン、ウィンなどが完成してからは、それまでほど突出した存在ではなくなってきているのも事実で、現在はこのホテルの火山よりも、ベラージオの噴水ショーの方が注目度が高い。
 ちなみにその火山は日没後、定期的に (かつては 15分おきだったが、今は 1時間おきの場合が多い) ごう音とともに炎を吹き上げるという極めて単純なアトラクションではあるが、一時代を築いた有名なアトラクションなので、とりあえずは見ておきたい観光スポットのひとつだ。

 その火山と並びこのホテルのもう一つのシンボルであったナイトショー "SIEGFRIED & ROY" は、大変残念なことに公演中にトラが主役のマジシャンを襲うという事故 (2003年 10月) により、すでに公演打ち切りとなってしまっている。
 現在その会場は改装され、カナダの人気劇団 CIRQUE DU SOLEIL によるビートルズをテーマにしたショー "LOVE" の会場として使用され、またその会場のとなりには、ビートルズをテーマとしたウルトララウンジ "REVOLUTION" が 2006年末にオープンし、話題を集めている。(右の写真は、ミラージホテルの前を走る REVOLUTION の宣伝付き2階建て公営バス。クリックで拡大表示)

 ホテル全体のテーマは冒頭でも述べた通り南国の楽園。それを象徴するのがフロントデスクで、その背面の壁全体が巨大な水槽になっており、大小さまざまな熱帯魚が優雅に泳いでいる。チェックインの際に少々待たされても、それを眺めていれば退屈しないのがうれしい。そのフロントロビーからカジノへ至る通路も、熱帯植物が生い茂るジャングルさながらの様相になっており、テーマに対するこだわりが感じられる。
 プール施設もラスベガス屈指の豪華さを誇っており、豊富なヤシの木や滝など、そのデザインやレイアウトは天下一品だ。

 一方、最近では老朽化にともなう苦情もそろそろ目立ち始めてきている。「部屋が思ったよりきれいではなかった」 といった声を聞く。開業十数年で 「老朽化」 とはいささか早すぎる感じがしないでもないが、変化の激しいラスベガスで 「十数年」 はたしかに新しいホテルとは言えない。
 もちろん客室内のリモデルなどは随時行なわれているようだが、仮に物理的な老朽化が無くても、これだけ新設ホテルが続々と登場すると、イメージ的な陳腐化は避けらず、何らかの変化が求められるところだ。
 そんな期待に応えるためか、客室の改装と平行して、近年大規模なリニューアル工事が始まっており、さまざまな部分で変化が見られるようになった。最大の変化はカジノフロアの改装、ナイトクラブの新設、そしてレストラン群の大規模な入れ替えだろう。
 ちなみに熱帯の楽園風だったこれまでのカジノのインテリアは、近代的なスッキリしたコンテンポラリー調のデザインに生まれ変わった。かつてのデザインを懐かしがる者も多く、この模様替えには賛否両論あるが、大きく雰囲気が変わったことだけはたしかで、もはやかつての面影はどこにもない。
 新登場の大型ナイトクラブ JET は、ウィンの TRYST、ベネシアンの TAO、シーザーズパレスの PURE などと並びラスベガス屈指の人気ナイトスポットとして話題を集めている。
 また 2006年以降、高級中華料理店 Moon Gate はさらなる進化を遂げ FIN になり、ステーキハウス Kokomo's も名前こそそのままだが、まったく新しく生まれ変わった。コンテンポラリーなデザインのアメリカン料理店 STACK と、高級イタリアン Onda が新たに登場し、かつての高級和食店 Mikado は、洋食との融合を目指したニュースタイルジャパニーズ料理店 Japonais として話題を集めている。従来と変っていないのはブラジル料理店 Samba ぐらいか。
 もう一つ食事の話題で忘れてはならないのはバフェィで、すでに再オープンしてからしばらく時間がたつが、もともと人気があったバフェィが 2004年 5月に大改造されリニューアルオープンを果たした。カリスマインテリアデザイナーの監修による斬新なデザインが自慢で、一度は行っておきたい店のひとつだ。詳しくは [バフェィ] セクションを参照のこと。

 「腐っても鯛」 という言葉がこのホテルにふさわしいかどうかは別にして、開業十数年が経過した今、もはや斬新なイメージはまったくないが (他の都市なら十分に新しいホテルだが)、しっかりしたコンセプトや好立地条件などを考えると、まだまだ利用価値も人気も健在で、「利便性の高いラスベガス有数のゴージャスホテル」 といってなんら差しつかえないだろう。宿泊料金は、ベラージオよりやや安いはずなので、少しでも安い料金でゴージャス感を味わいたい者にはおすすめだ。ちなみにこのミラージもベラージオも同じ MGM Mirage 社が経営している。

 最後に、このホテルの和文表記はどのガイドブックを見ても 「ミラージュ」 となっているが、実際の発音は 「ミラージ」 だ。「ミラージュ」 でも通じることはあるが、タクシードライバーなどに奇妙な顔をされることが少なくない。Mirage の 【 ge 】 は、ラージ、ステージ、カレッジ、オレンジ、ブリッジなどと同様 「ジ」 であり、少なくとも英語では 【 ge 】 を 「ジュ」 と発音することはない。「ミラージュ」 がいかに奇妙な発音かは " Large size orange juice” を 「ラージュサイズオレンジュジュース」 と発音していると思えば容易に想像がつくはずである。外国語の発音をカタカナで表記すること自体に無理があるのでこんなことはどうでもよいことと言ってしまえばそれまでだが、現場で通じにくい発音を覚えても意味がない (もしくは支障をきたす) ので、ここではあえて 「ミラージ」 と表記することとした。


ホテルのトップページに戻る