ホテルのトップ
ハードロック




英語名   HARD ROCK HOTEL & CASINO
住所   4455 PARADISE ROAD LAS VEGAS, NV 89109
電話  702-693-5000 総客室数  670
フリーダイヤル  1-800-473-7625 スイートルーム  28
FAX  702-693-5010 レギュラールーム  $75〜$300
外貨交換  なし スイートルーム  $250〜$500
総合評価  

 正面玄関前の屋根に突き刺さった巨大エレキギターがトレードマークのホテル。テーマはいうまでもなくロック。
 ホテル内は当然のことながらありとあらゆるものがロック調で固められており、ちなみにスロットマシーンのレバーはギターのネック (一部のマシンのみ)、ルーレットのテーブルはピアノのかたち、レセプションカウンターの背後の壁にはエレキギター、そしてエレベーターの中の BGM もロック、さらにプールの水中でもロックがガンガン流れているといった具合。入口のドアの取っ手もギターのネック型だ。
 テーマがハッキリしており楽しいホテルではあるが、一般の日本人観光客がこのホテルに泊まることはまずない。大手旅行代理店がパッケージツアーにこのホテルを宿泊施設として組み込んでいないこともあるが、その最大の理由はやはり立地条件だろう。なんとこのホテルはストリップ大通りに面していない。ストリップから約 2km も離れた場所にある。つまり、自家用車でアメリカ国内からやって来る者やレンタカーを乗りこなす者以外には不便きわまりないホテルで (宿泊者向けの無料シャトルバスもあるが)、一般の日本人観光客には使い勝手が悪すぎるというわけだ。
 結果的に、日本人がこのホテルを訪れるケースとしては、ロゴグッズなどが充実しているオフィシャルギフトショップでの買い物、後述する Nobu での食事、ロックコンサート、などに限られてくる。すぐ近所にある大型ビアホール Hofbrauhaus を訪れたついでに立ち寄るケースもあるが、それほど多くはないだろう。

 ホテルの規模が小さいためか、特筆されるような施設はあまりないが、しいてあげるならばプールか。99年 5月に二期工事が完成し新館 330 部屋が増設された際に、プール施設も大幅に拡張され、非常にゴージャスになった。ヤシの木のレイアウトなどが美しいばかりか、砂浜や流れるプールもあり、ホテルの規模を考えると極めて充実したプールといってよいだろう。
 あとは、日本人にとってはなんといっても鉄人シェフ Nobu Matsuhisa 氏の和食レストラン Nobu が注目だ。ビバリーヒルズにある映画スター御用達の高級レストラン "松久" の血を引くニューヨークの Nobu のラスベガス版として開業した店で、独創的な和風料理で人気を集めている。

 テーマがテーマなだけに客層はかなり若く 20〜30代の若者が中心だ。若い活気にあふれていることは大いにけっこうだが、ロックに興味のない者にとっては少々退屈するかもしれない。またロックに対する知識がないと本当の意味でのこのホテルの良さを満喫できないだろう。
 なお、規模が小さいためか、巨大ホテルにありがちな駐車場からのアクセスの不便などはあまり感じない。ストリップから離れているのが難点だが、空港やブールバードモールに近く (といっても徒歩では行けない)、車さえあればそれほど悪い場所ではない。もちろんあの 「ハードロックカフェ」 は同じ敷地内にあり、前述の Hofbrauhaus へも歩いて行くことができる。

 さて余談になるが、このホテルは今後大きく変化する可能性がある。2007年 2月、旧オーナーの Peter Morton 氏からこのホテルを買い取った新オーナー Morgans Hotel Group 社が 2007年 3月、大規模な増築計画を発表したからだ。それによると、約 7億 5000万ドルを投じて 400部屋規模のスイートルーム棟と、約 550部屋規模の通常タイプのホテル棟、さらに 2000人収容のコンサート会場を建設するとしている。完成予定は 2009年。計画通りに話が進むとは限らないが、しばらくこのホテルからは目が離せそうもない。


ホテルのトップページに戻る