ブラックジャックのトップ 次のページ
ブラックジャック


 高度な戦術 「カードカウンティング」
 
 この 「カードカウンティング」 は熟練者でない限り覚える必要はなく、また実行も初心者にはむずかしい。したがって一般のプレーヤーはこの項を無視してかまわない。

 この 「カードカウンティング」 とは、本格派の熟練プレーヤーがよくやる戦術で、すでに使用された (すでに見えてしまった) カードを記憶し、まだ未使用の山の中にどのようなカードがどれほど残されているかを読む高等戦術である。
 この戦術でプレーヤーが具体的に知りたいことは、未使用のカードの山に絵札や Ace などの強いカードがどれだけ多く残されているか、ということである。これらを予測するための 「カードカウンティング法」 にはさまざまな流派が存在するが、最も一般的なのが以下に紹介する方法だ。

 出てしまったカードが Ace および 10や絵札ならば、1枚につき −1点、7、8、9 ならばゼロ点、2、3、4、5、6 は +1点とし、それらをプレーの最中に刻々と合計していくという手法である。そしてその合計の数値がプラスの値ならばプレーヤー側に有利な 「好機」 と解釈し賭金を多めに張り、逆にマイナスならば不利な状況と判断し賭金を減らす。ではなぜそのように考えることができるのか。

 Ace が山の中に多い状況は明らかにプレーヤー側に有利に働く。なぜならブラックジャックが完成する確率はプレーヤー側もディーラー側も常に同じだが、プレーヤー側に完成した場合は 1.5倍もらえるからだ。(最近は不景気でカジノ側の経営が苦しいのか、1デックや 2デックのテーブルでは、1.2倍が常識になりつつある)
 また絵札などが山に多く残されている状況では、やはりプレーヤー側が有利になる。なぜなら 17 までは必ずヒットしなければならないディーラーにとってバーストの確率が高くなるばかりか、絵札が多いということはブラックジャックもできやすくなり、さらにプレーヤー側にだけ認められているダブルダウンが効果的に決まりやすくなるからだ。

 逆に小さいカードが山に多く残っている場合はディーラーが有利になる。なぜなら、16までは必ずヒットしなければならないディーラーにとって、バーストしにくくなるからだ。またプレーヤー側にとってはダブルダウンの効果が薄れる。

 これがカードカウンティング戦術の基本原理だが、この戦術は当然のことながら デック数が少ないテーブルで実行した方が効果は大きい。それは当然のことで、たとえば 1デックで Ace がすでに 4枚出てしまったことがわかれば残された山の中に Ace は存在しないことがわかるが、6デックの場合そうはいかない。また、上記のプラス、マイナスのポイントの変動に対する、残されたカードへの影響は、デック数が少ないほど大きい。したがってカードカウンティングは少ないデック数のテーブルで行なったほうが効果的だ。

 カードカウンティングを本格的に実行していると必ずカジノ側にバレるものである。バレた場合、カジノ側はそれに対抗してシャッフルを早めに入れるようピットボスなどがディーラーに指示する。もちろんディーラー自身がそれに気づき、シャッフルを早めることもある。たとえば、2デックでも 1プレイごとにシャッフルされてしまうことは珍しいことではない。
 ではなぜバレてしまうのか。それは実に簡単なことで、賭金の額に不自然な強弱が見られるようになるからだ。それとプレーヤーの視線があわただしく動き、他人がヒットしたカードや流されていくカードにまで視線が向けられるようになるので簡単にバレる。
 ちなみにカードカウンティングを行なっている者のプレーを拒否する権利をカジノ側は有しており、プレーの続行を断られることも少なくない。
 そのへんの様子は、2008年に公開されたロバート・ルケティック監督の映画 「ラスベガスをぶっつぶせ」 (英語版の題名 「21」) を見るとよくわかるはずだ。

 いずれにせよ、山に残されているカードの傾向によって有利不利のバラツキが存在してくるということだけはわかっておいて損はない。
 とは言っても、一般のプレーヤーがこれを実行し、効果的に賭金を上下されることはかなりむずかしく、得られる効果の大きさの割に苦労が多いのも事実。計算に夢中になるあまり、プレー自体を楽しめなくなってしまうようであれば本末転倒なので、本格的なプレーヤー以外はあまりこだわらないほうがいいだろう。

ブラックジャックのトップページに戻る 次のページに進む