BUFFETのトップ
BELLAGIO - [ The Buffet at Bellagio ]


 ベラージオホテル開業直後の1ヶ月は寿司や刺身まであり、文句無しのラスベガスナンバーワンのバフェィと言えたが、今では寿司も刺身もなくなり注目度も低下してきている。結局、今ここのバフェィで食べることができる生のシーフードは生ガキおよびマグロやサーモンのマリネのようなものだけだが、それもある場合とない場合があり、気まぐれだ。
 あとは純粋に "生" とは言い難いが、スモークドサーモンと軽くゆでたエビ類、それにカニなどがある。ムール貝やホタテなどの貝類は完全に調理されており刺身ではない。
 なお、ここのバフェィのカニは他のホテルのものと比べて、味もサイズも非常に立派で評判がよい。エビ類も総じて型が大きく見栄えがする。隠れた人気のウナギやアナゴは日本のそれに比べ脂があまり乗っていないが、存在していること自体、高く評価されてしかるべきだろう。味噌汁も白味噌と赤だしがあるあたりはこだわりが感じられる。
 デザートのケーキ類はやや甘い感じがしないでもないが、ラスベガスのバフェィとしてはかなり高いレベルにあるといってよいだろう。アルコール類 (別料金) の種類は少ないが、カクテルだけはテーブルに写真付きメニューが置かれており、オーダーする際、非常に便利でありがたい。
 インテリアは総じて明るいさわやかな感じに仕上がっているが、それぞれ細かなセクションに分かれており、開放感はあまりない。その代り位置によって微妙な変化を楽しめるようになっている。
 気になる混雑度だが、ディナータイムのピーク時は 30分以上待たされるので、それなりの覚悟が必要だ。ひどい場合は 1時間以上並ぶこともあるので、時間に余裕がない場合は利用しない方がよい。
 そんな混雑を解消するためか、金曜日と土曜日のディナータームの料金だけは高めに設定されている。店側の説明によると 「週末のディナーはシャンペンが飲み放題でデザート類もさらに充実しています」 とのことだが、それだけの違いでこの価格差は妥当性に欠けるので、やはり "混雑解消のための需給調整" といった感じは否めない。細かい予算にこだわる者は、週末の利用は避けた方がよいかもしれない。

【 料金 】
朝食 月曜日〜金曜日 7am〜11am: $15.95
昼食 月曜日〜金曜日 11am〜4pm: $19.95
夜食 日曜日〜木曜日 4pm〜10pm: $29.95
夜食 金曜日〜土曜日 4pm〜10pm: $36.95
ブランチ 土曜日〜日曜日 7am〜4pm: $24.95、シャンペン付き $29.95

なお、3才以下は無料。
※料金は 2011. 9. 23 調べ

【 場所 】
カジノの北西端。フロントロビーから最も遠い方向。オウ劇場近く。


BUFFETのトップページに戻る